1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

消費者庁が警告!湯たんぽ低温やけど冬型の事故に注意

就寝時の低温やけどに消費者庁が注意喚起「正しい使用法を守ってほしい」と呼び掛け…さらに冬型の危険要素をまとめてみました。

更新日: 2017年12月09日

13 お気に入り 89093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

消費者庁から「就寝時の低温やけどに注意して」と報道の他に、さらに冬型の事故が懸念される要素がありました。

消費者庁が湯たんぽの取り扱いに注意喚起

湯たんぽ使用による事故が絶えないことから、消費者庁が長時間体に接触させないなどの注意喚起を行っています。

電子レンジ加熱式や充電式といった新しいタイプでも事故が発生しており、同庁は「正しい使用法を守ってほしい」と呼び掛けた。

湯たんぽによる低温やけどや破裂などの事故が過去8年で少なくとも363件起きたと明らかにした。やけどは240件あり、うち105件は重傷だった。

心配されるのは、長時間使用時の「低温やけど」

就寝中の使用や長時間の接触を避け、説明書の指示を守るよう注意を呼び掛けている。

「就寝時は布団に入れたままにせず、温まったら取り出してほしい」としている。

「心地よく感じる44度程度でも、3~4時間触れていると低温やけどになる。従来の使い方を改めて見直してほしい」と話している。

「湯たんぽ」は、寝る前に床に入れて温めておく物で、一緒に寝る物ではない。 なのに床に入れたまま寝るから低温やけどになる。 当たり前www

湯たんぽはいいぞぉε(  ˇωˇ  )э。低温火傷だけには気をつけてなぁ。

さらに冬型の事故も心配されます。「ヒートショック」

冷え込みが強まる中、入浴時の温度差で血圧が急激に変化し、危険な状態に陥る「ヒートショック」

ヒートショックは誰にでも起き得る。回避するためには、その対策を知ることが大切

急激な温度変化により血圧が大きく上下することが原因となり、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞などが引き起こされることをいう。

・具体的な対策が3つ紹介されています。

ヒートショックにご注意ください この時期にヒートショック多発してます (*^^*)(^^)(^-^)

ヒートショックにならないように浴室を暖かくするようにしています♨️

冬の自転車事故にも注意

防寒に、またファッション性も高いマフラーですが、バイクや自転車の運転、遊具等に乗る際には,巻き込まれないよう、充分気をつけましょう。

1 2