1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

SAOにfate…名作アニメの新展開がネットをざわつかせた!

朗報過ぎる…「ソードアート・オンライン」が誰も見たことのない新章へ…!他にも「fate」シリーズ,「七つの大罪」,そして「カードキャプターさくら」も新情報がきています。年末年始は忙しくなりそう…と思いつつまとめてみましたw

更新日: 2017年12月11日

22 お気に入り 32247 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

胸が熱くなりすぎる…アニメ好きにとってはたまらないニュースがいっぱい来てますよ!

critical_phyさん

誰も見たことのない物語へ…「ソードアート・オンライン」が新章突入!

12月9日発売の『電撃文庫MAGAZINE Vol.59』に、電撃文庫『ソードアート・オンライン』《新章》の一部分が掲載されることが明らかになりました。

物語の舞台はキリトが《アンダーワールド》から帰還して1ヶ月半後の世界。完全新作として描かれた劇場版登場の「オーグマー」もストーリーに組み込まれており、整合騎士アリス・シンセシス・サーティもまたALOに猫騎士アリスとして参加する様子も描かれている。

ついにウェブ公開されていた当時の話が終わり、ラノベオリジナルのストーリーが始まります、すごく楽しみです。

大晦日を見逃すな…「fate」シリーズ新作アニメに歓喜の声!

スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order(以下、『FGO』)」をはじめ、アニメ、ライトノベルなど、エンタメ分野で次々と成功を収める『Fate』シリーズ。

クリエイティブ集団「TYPE-MOON」が生み出した「Fate」シリーズは、アニメや漫画好きの層にとっては以前から有名だった。しかし「FGO」のヒットによって知名度が飛躍的に上がり、これまでに届いていない層にもリーチするようになった。

劇場版アニメ『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』が10月14日の公開時、土日2日間で動員24万7509人、興収4億1303万840円をあげ興行収入ランキングで初登場1位に。

ゲームやアニメが人気の「Fate」シリーズの特番「Fate Project 大晦日 TV スペシャル 2017」が、TOKYO MXほかで31日午後10時に放送されることが分かった。

「Fate/Grand Order」の新作アニメとして「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」、ショートアニメ「Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~」の放送も決定!!

2017年のFate Projectを振り返り、さらに2018年のFate Projectを紹介。詳細は公式サイトなどを確認しよう。

ここまでfateに狂うとは思ってなかった 去年の大晦日にアニメやってた時にはほぉ〜ん何かやってるなぐらいにしか思わなかったのに 絶対関わらないと思ってたのに なにゆえ

あのキャラがメインの外伝?「七つの大罪」に注目が集まっている!

「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で12年から連載中のマンガが原作。かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の逆賊・七つの大罪の戦いを描いている。

「七つの大罪」の凄いところは、今までの漫画の王道を躊躇なく継承していると言うこと。それでありながら、飽きが来ない作品に仕上がっている点が、すごいと思うのです。

2014年10月以降、2度テレビアニメ化されており、3度目のテレビアニメ化も内定している。

外伝「七つの大罪 -外伝- バンデット・バン」が、MBS・TBS系で23日午前6時半に放送されることが10日、分かった。人気キャラクターのバンとエレインの出会いが描かれる。

今回の外伝で、バンがメチャクチャ好きになってしまった・・・どうしても仲間を裏切りそうなキャラにしか見えなかったんですけど・・・バン、いい奴だ・・・マジで幸せになってもらいたい・・・。

こんな声も…

バンデット・バンやるの!!?永久保存もんやな!

主題歌がすげえ…「カードキャプターさくら」に注目が集まっている!

「CCさくら」は、1996~2000年にマンガ誌「なかよし」(講談社)で連載されたマンガ創作集団「CLAMP」の人気マンガで、小学4年生の木之本桜が、災いをもたらすというクロウカードを回収するために魔法を使ってカード集めに奮闘する姿が描かれた。

原作漫画は少女漫画雑誌『なかよし』での連載で、基本的には女の子向けの可愛らしいタッチの作品。実際に多くの小学生女子に支持されたが、男性ファンをも数多く獲得した作品。

CLAMP独特のセンスで描かれる扉絵や、さくらの戦闘シーン、日常のシーン、どのシーンを切り取っても、可愛く可憐な衣装ばかりで 小学生時代に読んだ読者たちは、こんな格好してみたい!と思った人も多いのでは?

1 2