1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「覚悟を決めた…」最近、体当たり演技で濡れ場に挑戦した女優たち

あの篠田麻里子さんも大胆な濡れ場に挑戦!

更新日: 2017年12月10日

18 お気に入り 180154 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ピュンマさん

▼篠田麻里子は映画「ビジランテ」で、大胆な濡れ場に挑戦!

AKB48を卒業して約4年、ファッションモデル、タレントとして活動するその一方で、映画、ドラマ、舞台など、女優業にも力を注いできた

・9日には映画「ビジランテ」の舞台挨拶に登場、鈴木浩介との濡れ場についてコメントした

[映画ニュース] 桐谷健太「ビジランテ」は「絶望的にかっこいい代表作」 篠田麻里子は“車中の濡れ場”に言及 eiga.com/l/eqAGY pic.twitter.com/AELlGlVJ7F

篠田麻里子が12月9日(土)、テアトル新宿で行われた映画『ビジランテ』初日舞台挨拶に出席。

危うい魅力を放つ美人妻に扮し、体当たりの演技にも果敢に挑んだ篠田は、夫役・鈴木との車中での濡れ場に言及。

篠田は鈴木を「優しいし、包容力もある。初日に、そのシーンだったんで、その時点で夫婦になれた。覚悟を決めた感じがした」と監督の意図に感謝した。

篠田麻里子さんのアイドル時代をほとんど知らないのだけど、そんな過去を全く感じないほど見事な女優としての雰囲気に圧倒される。ずっと子供を連れながら議員の妻として揺れ動く二郎を献身的に支える姿。大胆な濡れ場も、激昂する姿も、あのマスク… twitter.com/i/web/status/9…

▼永尾まりやもドラマ「不能犯」で自身初となる濡れ場に挑戦!

最近は過激路線の仕事も平然とやってのけていますが、AKB時代はビジュアル担当として知られていた

やんちゃで格好いい女性を意味する“マブい女”がテーマの写真集「マブイ!まりや。」では、新境地を開拓するなど奮闘を続けている。

▼映画「光」での濡れ場が話題の橋本マナミは、全然緊張しなかったそう

「国民の愛人」のキャッチコピーで“愛人キャラ”が定着しつつある橋本マナミ

「光」(大森立嗣監督)では、信之(井浦新)の妻でありながら、信之の幼なじみでもある輔(瑛太)と不倫関係に落ちる南海子を演じる。

劇中では、試写会でその熱演を絶賛する声が上がるほどの“濡れ場”にも挑んでいる

橋本マナミ(33)が9日、東京都内で「2018年カレンダー」(ワニブックス、2484円)の発売イベントを行った。

現在公開中の映画『光』では、大胆な濡れ場も大きな話題となったが「まあ濡れ場は全然緊張しないので。キスなんか全然。ドキドキ感がなくなっちゃって、ダメですね。司会の方が緊張します」

「ベストヒット歌謡祭の司会のほうが緊張した。口から内臓が飛び出すかと思いました」と笑った。

1 2