1. まとめトップ

【高騰中の通貨をマイニング】AWSのスポットインスタンスでBitZenyをマイニング

AWSのスポットインスタンスを使用し、仮想通貨(BitZeny)をマイニングする方法についてのまとめ

更新日: 2017年12月10日

1 お気に入り 6159 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AWSや仮想通貨マイニングのネット中に散らばっていた情報をまとめ、実際の稼働に必要だった情報をまとめました。

zuro65536さん

お願い 転載する場合は、このページへのリンクをお願いします

AWSとは?

Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス、AWS)とは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービス(ウェブサービス)である。

ローカルに必要なソフト

AWSへの接続のために、キーペアを作成

キーペアはTeraTermなどでマシンに接続を行う際に必要なものです。

pemファイルが作成されます。
こちらは接続に必要なので、使い場合にわかり易い場所に保存してください

AWS側の設定(AMI作成編)

アカウントの作成は省略します。
インスタンスの作成・起動から説明します。
まずはAMI(Amazon マシンイメージ)を作成します。
AMIを作成しておくと、一度マシンの設定が完了すれば自動的に複製していくことが出来ます。

AMIの作成は、無料枠分で作成を行い、動作確認を行ったほうが良いです。

ソースでマイIPを選択
(接続できないなどの問題がある場合はここが問題?)

内容に問題がなければインスタンスの作成を行います。
(キーペアの割当はこのあとに行います。)

先ほど作成したキーペアを割り当てます。
ここの段階で割り当ててもOKです

TeraTermで接続

インスタンスの画面でマシンが起動していることを確認し、
パブリックDNSをコピーします
(パブリックDNSの端っこにクリップボードにコピーもあります)

ユーザーはubuntu
パスワードは無し
先程ダウンロードしたpemファイルを選択

仮想マシンで実行する内容

とりあえずコメントの単位で実行することをおすすめします。

#OSの更新
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

#gcc、git等必要なもののダウンロード
sudo apt-get install build-essential libcurl4-openssl-dev automake gcc git -y

#gitからcpuminerをコピー
git clone https://github.com/bitzeny/cpuminer.git
cd cpuminer
./autogen.sh
./configure CFLAGS="-O3 -march=native -funroll-loops -fomit-frame-pointer"
make

#テスト cpuminerを試しに実行する
#終了はCTRL+C
./minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://mining-zeny.mdpool.info:6969 -u ユーザー名.ワーカー名 -p パスワード

#シェルスクリプトを作成する
vi miningStarter.sh

#シェルスクリプトに書き込む内容
#viでの編集となります
#編集開始する場合は、「i」を押すと挿入モードになります。
#編集を終了する場合は、ESCキー→:wq を入力後にEnterで保存されます。
####下の行からコピー####
#!/bin/sh
cd cpuminer
./minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://mining-zeny.mdpool.info:6969 -u ユーザー名.ワーカー名 -p パスワード
####上の行までコピー####

#テスト シェルスクリプトを試しに実行する
#終了はCTRL+C
sh miningStarter.sh

#cronでOSリブート時に自動的に起動させるためのファイルを作成
#viでの編集となります
vi cron.conf
####下の行からコピー####
@reboot sh cpuminer/miningStarter.sh
####上の行までコピー####

#crontabでOSリブート時に自動的に起動させます
cd ..
crontab -u ubuntu cpuminer/cron.conf

1 2