1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

笑顔が素敵っだ入団会見‥エンゼル大谷翔平が楽しみすぎる

大谷翔平選手の大リーグ・エンジェルスの入団会見が行われる話題…背番号や入団理由などユーモアを交えて意気込みを述べました。

更新日: 2017年12月10日

16 お気に入り 71009 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大リーグ・エンジェルスに移籍することが決まった大谷翔平選手、様々なニュースから視点別にまとめてみました。

夢をかなえた大谷翔平選手がエンジェルス入団会見

大谷翔平選手がロサンゼルス近郊のアナハイムで記者会見に臨み、エンジェルスの一員として意気込みを述べました。

マット日高通訳が同席した中で行われた会見はファンにも公開され、大谷が紹介されると大歓声が上がった。

会見に同席したマイク・ソーシア監督は「興奮している。大谷は特別な選手だ。彼の力でワールドシリーズに(チームを)連れて行ってくれるだろう」と期待を示した。

第一声で「ハイ、マイネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」と英語で挨拶。再び大歓声が上がった。

背番号17真っ赤なユニフォームが似合っています。

関係者への感謝の言葉を並べた大谷は「メジャーリーグのスタートラインに立つことができて感謝しています。エンゼルスの皆さんと優勝を目指して頑張っていきたいと思います」と意欲

エンジェルスを選んだ理由を説明

オープンな気持ちで話していく中で、ここに行きたいなと思い、お世話になろうと思いました。

日本では中々みせない会場をわかせるパフォーマンスも

背番号17について聞かれると「本当は27番にしたいという思いがあったんですが(トラウト選手が背番号27で)埋まっていたので17にしました」と会場の笑いを

「最後に1つだけ、今日、マイク・トラウト選手の結婚式がありますので、結婚おめでとうございます。一日でも早くエンゼルスの選手の皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています」と“気遣い”も見せ、再び会場をわかせた。

日本の野球関係者もコメント…張本氏「いいところに入った」

「いいところに入った。気候も温暖だし、ロサンゼルスから45キロくらいしかないし、ディズニーランドもあるし。アナハイムと姉妹都市の茨城・水戸市が喜ぶ」と話した。

もう少しちゃんとしたユニホームを着させて会見して欲しかった。首回りが非常に大きかった」と話した。

メジャーでの二刀流について「あのくらいのバッターは米国には吐いて捨てるほどいる」と懐疑的な張本氏に対し「バッティングも本物です。できると思います」と話しスタジオを沸かせていた。

「大谷選手の人柄が出ていた。冗談も交え、ファンの心をがっちりつかんだと思う」と印象を話しました。

注目されるのは大谷選手の起用方法

1 2