1. まとめトップ

新型Ninja250の最新情報

2017年、東京モーターショーで新型Ninja250が公開されました。新型Ninja250について様々な情報をまとめたいと思います。

更新日: 2017年12月10日

0 お気に入り 3694 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こんにちは。主にバイク関連のまとめを製作しています。

東京モーターショーで世界初公開、新型Ninja250.400

2017年、東京モーターショーでKawasakiから新型Ninja250が公開されました。
HONDAの新型CBR250RR、YAMAHAのYZF-R25などの高性能バイクに対抗した形で登場したNinja250の外見と性能をまとめていきます。

Ninja650譲り?生まれ変わった外見

前期のNinja250に比べると新型はYZF-R25寄りの外見になっているのが明らかです。
カラーはグリーン、レッド、ブルーの三色となっています。

SEの情報もあるので、様々なカラーが用意されているそうです。

新型Ninjaの性能は?

新型Ninja250では8psアップしており現行の31psよりも大きくアップしています。
また167kgの車体重量となっており、現行から7kgの軽量化を果たしています。
新型Ninja400では1psアップのみとなっていますが車体重量が43kgの軽量化を果たしており現行のNinja400よりも大幅に軽量化がされています。

他の現行からの変更点は?

新型Ninjaではロービーム時でも両方のヘッドライトが点灯するようになっています。
このような細かいギミックが追加されるのも嬉しいですね。

新型Ninjaのメーター周りは新型CBR250RRと似たような形になっています。

フレームのキャスター角は24.7度に変更されています。

その他変更点

・ホイールベースの40mmの短縮
・シートが左右15mmずつ短縮
・クッションの厚みを40mm増加
・フロントフォークをΦ41に変更
・スロットルボディをΦ32に大口径化
・スリッパークラッチをΦ125に小径化
などその他様々な変更点があります

気になる価格は?

気になるお値段ですがNinja250が62万円Ninja400が69万円と予想されています。
しかし値段以上のパフォーマンスを持つバイクなので良い買い物になるでしょう

最後に、最近の高性能250ccバイクの各メーカーの戦いはバイク業界を熱くしていますね。
若者でも気軽に乗れる排気量なので、若者がバイクに乗るきっかけにもなりそうですね。

1