1. まとめトップ

Winkの衣装が可愛すぎるのでまとめてみた②

80年代後半~90年代にかけて活躍したアイドルデュオ・Winkの衣装の世界観を、動画を参考にまとめてみたシリーズ第2段。

更新日: 2018年01月06日

0 お気に入り 3370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々なサイトを参考に作成しております。

②では、発売された4~6枚目のシングルの衣装をチェックする。

Winkとは・・・

Wink
それぞれ、ワニブックス社の雑誌「Up to boy」が1987年に開催したミスコンテストに入賞。(鈴木早智子が上半期グランプリ。相田翔子は下半期グランプリ。)
1988年、Winkを結成。同年4月「SUGAR BABY LOVE」でデビュー。
1989年、「愛が止まらない ~Turn It Into Love~」で第22回全日本有線放送大賞グランプリ受賞。平成8年(1996年)3月活動停止。
2008年12月には第50回日本レコード大賞で3度目の復活を果たす。

涙を見せないで ~Boys Don't Cry~

4枚目のシングル。洋楽カヴァー曲。アップテンポな可愛らしいメロディが特徴。

該当曲のMV。相田がオレンジのふわりとしたワンピース、鈴木が薄いグリーンのタイトめなワンピースを着ている。春らしさ、爽やかさが感じられる。帽子・手袋・イヤリングも色を合わせている。他にもハワイアンな衣装やゴルフウェア姿もある。

こちらの動画では、2人の衣装の色が逆になっている。肩から胸にかけてエスニックのような模様がある。スカート部分が特徴的なデザインになっている。

MVと色合いがほぼ同じ衣装(鈴木の衣装が少し水色のように見える)。膝丈の、チュール素材が使われていそうなワンピース。相田のみヘッドアクセをつけている。

セーラー服のような可愛らしい衣装。スカートや袖部分は水色が基調となっており、シルバーの飾りが上半身のところどころに施されている。ヘッドに、リボンゴムのようなものをつけている。

淋しい熱帯魚

Winkの代表曲である、5枚目のシングル。

「淋しい熱帯魚」で第31回日本レコード大賞受賞。また同曲で第40回NHK紅白歌合戦に出場。

該当曲のPV。前半は衣装が2種類出てくる。いずれも大きめの帽子とピンク、イエローの手袋が特徴的。
中盤から赤と白のタイトめなスカート衣装が出て、少し雰囲気が変わる。

1