1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

友はあの「少年A」なのか…緊張感に満ちた映像『友罪』予告解禁

様々な役に挑戦してきた瑛太ですら、出演を躊躇したという「友罪」。神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ同名小説が原作で、瑛太は連続児童殺傷事件を起こした元少年を演じる。生田斗真、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら豪華俳優陣も話題だったが、ついに特報(予告)が解禁。

更新日: 2018年06月30日

36 お気に入り 96198 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆コメディーからシリアスまで幅広く演じる瑛太

『ミックス。』(2016)

瑛太と新垣結衣のW主演

恋と卓球に情熱を注ぐ、異色ロマンティックコメディ「ミックス。」。今作でW主演を務めた新垣結衣さんと瑛太さん。

映画『ミックス』(2017)

瑛太は、人懐っこくて、どこか憎めないところもありながらも、井浦新演じる主人公の妻と不倫するばかりか、過去の殺人の証拠を見せつけて脅迫するという醜悪な男を演じています。

映画『光』(2017)

「どんなことが起きても受け入れてしまう、みたいなキャラクターを上手に演じてくれる。瑛太という役者自体に変幻自在な部分があるんですよね。主役クラスでこういうタイプの役者って意外に少ないと思うんだけど」

ドラマ『ハロー張りネズミ』(2017)の大根監督のコメント

◆そんな瑛太ですら出演を躊躇した映画『友罪』

生田斗真(32)と瑛太(34)が、映画「友罪」(来年5月公開予定、瀬々敬久監督)にダブル主演する。

「友罪」は、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年犯の“その後”を描く重厚ミステリー。

生田斗真はジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める「益田」を、瑛太は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない「鈴木」を演じる。

瑛太さんは生田さんと事前に「今回の役は『はい、やります』と簡単には言えない役なので『俺断るかもしれないからね』という話はした」と明かし。

◆原作は神戸児童殺傷事件がモチーフといわれる同名小説

原作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞、2016年には吉川英治文学新人賞に輝いた、ミステリー界の新鋭・薬丸岳の同名小説。

少年事件のその後をテーマにした作品は、14歳の少年が「酒鬼薔薇聖斗」を名乗って起こした猟奇的な事件を思い起こさせる内容で話題になった。

監督を務めるのは、『64 -ロクヨンー前編/後編』で興行収入36億円突破の大ヒットも記憶に新しい瀬々監督。その卓越した圧倒的人間描写は、観る者の心を鷲掴みにし、国内外で高い評価を受けている。

◆友人がかつての少年犯ではないかと疑っていくストーリー

益田(生田さん)と、同じタイミングで工場勤務に就く鈴木(瑛太さん)。同い年の2人は次第に打ち解け心を通わせていく。

しかしある行動をきっかけに、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないか」と疑いを持ち始める。

◆共演の佐藤浩市や夏帆ら豪華キャストも話題に

[映画ニュース] 佐藤浩市&夏帆&山本美月&富田靖子!生田斗真×瑛太「友罪」に豪華キャスト結集 eiga.com/l/mNeZC pic.twitter.com/vGn8hd2TjN

生田斗真と瑛太が共演する「友罪」の追加キャストが発表され、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら21名の参加が明らかになった。

息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に、『感染列島』『ヘヴンズ ストーリー』『64-ロクヨン-前編/後編』に続く、4作品目の瀬々監督作品出演となる佐藤浩市。

「海街diary」「22年目の告白 私が殺人犯です」などの夏帆は、あることで鈴木に助けられ、次第に好意を寄せていく藤沢美代子役を担う。過去にAV出演を強いられた女性という難役。

そのほか、奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研もキャストに名を連ねている。

◆そしてついに特報が解禁

1 2