1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レアル戦実現せず…実に惜しい浦和のクラブワールドカップ敗退

クラブワールドカップで浦和レッズは開催国枠のアルジャジーラに0-1で敗れ、5位決定戦に回ることが決まりました。惜しかったですが仕方がないですね。「レアル」を意識しすぎたのでは?

更新日: 2017年12月11日

4 お気に入り 14862 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

う~ん。大物食いもあり得ただけに、個人的には浦和レッズVSレアルマドリードが観たかったというのが正直な感想です。

・浦和レッズ、開催国枠のアルジャジーラに敗れる

血のイレブンじゃないのかよ…。

・ショック…。

レッズ負けたのはちょっとショックかも。 レアルとのガチ試合見たかった。

浦和負けたのはけっこうショックだな〜 レアルとの対戦見たかった…

知ってる人もいると思うけど、クラブW杯浦和レッズ敗退。勝てばレアル・マドリードと出来たのに本当にショック。。。ましで悔しい。長澤出しとけばワンチャンあったと思うのになー。あとは、レアルvsパチューカが実現するように期待するぞ! #浦和レッズ #レアル・マドリード #クラブW杯

・クラブワールドカップとはこんな大会

サッカーファンにとって、毎年12月のイベントといえば「クラブ・ワールドカップ」が頭に浮かぶ人も多いのではないだろうか

6大陸における選手権大会の優勝クラブと、開催国における国内リーグ優勝クラブが一堂に会し「クラブチームの世界王者」を決める

日本で行われた前回大会で、開催国枠で出場した鹿島アントラーズが、決勝の舞台で欧州王者レアル・マドリーを延長戦まで苦しめたことは記憶に新しい

10年ぶりのアジア王者となった浦和レッズが、日本サッカーの力を世界に示せるか。C・ロナウド擁するスーパースター軍団レアル・マドリードは、史上初の大会連覇を目指す。

・浦和が攻め、アルジャジーラが守る展開だったが…。

なんでこれが決められないの?って思った。

前半21分に武藤の右クロスをFW興梠がゴール目の前でフリーで受けたが、ミートしきれず。両手で頭を抱えた。

・一瞬のスキを突かれた

攻勢で迎えた後半7分、唯一と言っていい失点パターンであるカウンターを許した。

中央で奪われると、スルーパス1本でエースFWマブフートに抜け出された。

すでに警告を受けていた槙野は寄せきれなかった。好機を逃し続け、無情の笛が鳴る。

堀監督が「前半に1点でも取れていれば……」と悔やんだように、浦和が攻勢に試合を進めるなかで先制できていれば、試合展開はまったく違うものになっていただろう。

FWラファエル・シルバもまた、「前半に多くのチャンスがあり、試合を決めることができたはずだった。前半に得点していれば、こういう試合にはならなかった」と敗戦を振り返った。

・Twitterでみかけた「浦和の敗因」

1 2