1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

奥浩哉『GIGANT』に超期待...話題の「新連載マンガ」が面白い!

『GIGANT』『蒼穹のアリアドネ』『ノイズ【noise】』『探偵ゼノと7つの殺人密室』が新連載を開始

更新日: 2017年12月12日

16 お気に入り 53792 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

solmesさん

▼スペリオールで奥浩哉の『GIGANT』が新連載開始

「GANTZ(ガンツ)」「いぬやしき」などで知られる奥浩哉さんの新連載「GIGANT(ギガント)」が、8日発売のマンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)2018年1号で連載がスタート

新連載は「驚天動地の最新作!!」と紹介され、第1話「女優」は、映画監督を目指す高校生男子とセクシー女優の出会いが描かれた。

GIGANT」の主人公は、映画会社のプロデューサーを父に持つ少年・横山田。友人たちと映画祭に出展するための作品制作を進めていたある日、横山田は巨乳のAV女優・パピコに関する張り紙を目にする。

今日発売のビッグコミックスペリオールに新連載開始します。 気になる方は読んでみて下さい。

奥先生のGIGANT 読みました。どんな話なのかまったくわからんし、GANTZ の時ぶりの迫力のある女性を観ましたwかなり期待しています。

ギガントとっても楽しみだし横山田くん可愛いけどパピコちゃんJカップはやりすぎでは……

スペリオールで師匠・奥浩哉の新連載! 今回はボーイミーツガール? キャラがみんなかわいいなぁ。 どんな話になるのか全然聞いてないんで、これから毎回超楽しみ! pic.twitter.com/uWLeHX1ySp

▼サンデーで『蒼穹のアリアドネ』が連載開始

「エンジェル伝説」「CLAYMORE」などで知られる八木教広さんの新連載「蒼穹のアリアドネ」が、6日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)2018年2号でスタート

「蒼穹のアリアドネ」は人里離れた山奥で暮らす少年・ラシルが主人公。天空の飛行都市に憧れを抱くラシルは、ある日1人の少女と出会う。

レアナは鋼鉄製のブーツを履かなければ体が宙に舞ってしまう“天使病”を患っており、さらに二足歩行特殊機動装甲兵器、通称スプリガンに搭乗した男たちの追跡を受けていた。

家族の元まで追って来たスプリガンの一団を前にしてレアナから正体を明かされたラシルはスプリガンに抗戦。圧倒的なパワーに驚くレアナにラシルは出生の秘密を明らかにするが、そんな彼らの前に─。

これまで『ジャンプ』を中心に活躍していたこともあり、八木は巻末コメントで「サンデーでの連載は初めてです! よろしくお願いします!!」と読者に向けて挨拶している。

アリアドネ、結構面白かった… サンデー新連載の『蒼穹のアリアドネ』に興奮の声続出「めっちゃ引き込まれた!」 | ダ・ヴィンチニュース ddnavi.com/news/420937/ @d_davinciさんから

蒼穹のアリアドネ、畳みきれそうにない風呂敷を1話目から目一杯広げててとても八木さんぽくてよい

▼グランドジャンプで『ノイズ【noise】』が連載開始

筒井哲也の新連載がグラジャンで、平和な町に出現した“ノイズ”とは… dlvr.it/Q4c4wD pic.twitter.com/2IiBvOmSfA

12月6日に発売されたグランドジャンプ2018年1号(集英社)にて、「予告犯」「有害都市」の筒井哲也による新連載「ノイズ【noise】」がスタート

高齢化と過疎化に長年苦しんでいた猪狩町だったが、黒イチジクという名産品が生まれたことを契機に町に多大な金が舞い込むようになる。

そんな中、イチジク農園を営む泉圭太の前に、町にそぐわぬ雰囲気をまとった男が現れたことから物語は動き出す。

『有害都市』(となりのヤングジャンプ連載)で本年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した筒井哲也先生の待望の新連載がスタート!本日12月6日発売のグランドジャンプ新年1号にて、巻頭カラー一挙41Pで開幕。『ノイズ【noise】』、必… twitter.com/i/web/status/9…

筒井哲也先生のノイズ1話読んだけど面白くなりそう

1 2