1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

石原さとみから土屋太鳳まで!来年は人気女優たちの演劇「舞台」が楽しみ!

2018年は映画やドラマで活躍の人気女優たちが演劇の舞台に多数出演。土屋太鳳は「プルートゥ PLUTO」で初舞台。石原さとみは4年ぶりの舞台「密やかな結晶」、「時をかける少女」の続編は上白石萌歌主演で初舞台化、宮沢りえ×堤真一×いのうえひでのり「近松心中物語」、ミムラ×溝端淳平×向田邦子「家族熱」。

更新日: 2018年01月08日

7 お気に入り 17636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

土屋太鳳は初舞台でいきなりの1人二役 ヨーロッパ公演も

◆『プルートゥ PLUTO』(1月6日から、シアターコクーン ほか)

【ビジュアル公開】森山未來、土屋太鳳ほか珠玉のキャストが集結!『プルートゥ PLUTO』2018年1月に上演!! news.dipps.co.jp/UserArticle/De… pic.twitter.com/NZwLHRDo5i

手塚治虫による「鉄腕アトム」の中の1エピソード「地上最大のロボット」を、浦沢とストーリー共同制作の長崎が手塚眞の監修を受けてリメイクした「PLUTO」。

同作は浦沢直樹と長崎尚志が、手塚治虫『鉄腕アトム』のエピソード「地上最大のロボット」をリメイクした漫画作品『PLUTO』の舞台化。世界最高水準のロボットたちが次々に破壊される事件の謎をドイツの刑事ロボット・ゲジヒトやアトムらが共に追うというあらすじ。

土屋はアトムの妹で不思議な能力を持つウランと刑事ゲジヒトの妻ヘレナの一人二役に挑む。

2015年に引き続き、主役・アトムを森山未來が務める。新キャストは土屋のほかにゲジヒト役の大東駿介、天才科学者・アブラ―役の吹越満。天馬博士役の柄本明、お茶の水博士役の吉見一豊は前回に続いて出演する。

東京公演は2018年1月6日から28日までBunkamura シアターコクーンで上演。2月にはイギリス、オランダ、ベルギーで海外公演を行い、3月9日から14日まで森ノ宮ピロティホールにて大阪公演を実施。

太鳳ちゃーーん❣️スゴイ✨ 初舞台で海外デビューだなんて しかも二役。ウランとヘレナ楽しみ✨ #土屋太鳳 #プルートゥPLUTO headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-…

Bunkamuraシアターコクーン 手塚治虫 生誕90周年記念 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 『プルートゥ PLUTO』スポット映像 youtu.be/PEoEVNYhDHg 太鳳ちゃんカッコいい(*´Д`*)… https://t.co/pEkQyeZvtb

タオちゃんのガチなまじめさが好きです。 土屋太鳳が初舞台となる『プルートゥ PLUTO』を語る~「ダンスも芝居も内なる表現」 | SPICE - 1日5キロは走っています。(記者から、へえ!と驚きの声が上がると)でも、2.5キロ… twitter.com/i/web/status/9…

宮沢りえは堤真一と蜷川幸雄の伝説の舞台へ

◆『近松心中物語』(1月10日から、新国立劇場)

堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子ら豪華キャストが一堂に会す『近松心中物語』。いのうえひでのり×シス・カンパニーのタッグで贈る不朽の名作! news.dipps.co.jp/UserArticle/De… pic.twitter.com/Fo0MYqC8W4

シス・カンパニーによる舞台「近松心中物語」が2018年1月上旬から新国立劇場 中劇場で上演される。

秋元松代原作、蜷川幸雄演出で1979年の初演以来上演の度に話題を呼び、現代演劇の伝説的作品となった『近松心中物語』。この不朽の名作に、日本で一番の観客動員数を誇る演出家、劇団☆新感線のいのうえひでのりが新演出で挑む。

久々の共演を果たす堤真一×宮沢りえが濃密に描き出す、燃え上がる男女の情念と運命の道行き! “いのうえの近松が見たい…”そんな 蜷川幸雄氏の言葉を胸に、いのうえひでのりが新たな伝説を紡ぎ出す!

忠兵衛(堤)と梅川(宮沢)、与兵衛(池田成志)とお亀(小池栄子)の、ふた組の男女を中心に展開する悲恋物語。

さらに歌舞伎界から市川猿弥、演劇界の尊敬を集める大ベテラン・立石涼子、小野武彦、銀粉蝶の盤石の布陣に加え、群像劇のパワーを担う多彩な俳優陣が世界観を支える。

近松心中物語 取れたっ! 宮沢りえちゃん も、小池栄子も期待大。 年明けの楽しみっ。

先行抽選申し込んだ‍♂️ 当たるとええねんけどな…。 蜷川幸雄さんのは観てるのですが、 いのうえひでのりさんが、 どんな演出されるのか観たい…。 宮沢りえちゃん、堤真一さん、 小池栄子さんイケる‼️ まず当選せなな‍… twitter.com/i/web/status/9…

いのうえひでのり×堤真一×宮沢りえ と言えば13年の「今ひとたびの修羅」がもう私の中で伝説的名作なので今度の「近松心中物語」もものすごく期待してる。今ひとたび~検索してみたらWOWOWで放送してて、ってことは映像あるんだと思ったが… twitter.com/i/web/status/9…

石原さとみが自ら選んだ原作で4年ぶりの舞台

◆『密やかな結晶』(2月2日から、東京芸術劇場)

芥川賞作家・小川洋子の小説「密やかな結晶」が、日本アカデミー最優秀脚本賞・読売演劇賞最優秀作品賞の鄭義信による上演台本で、2018年2月に舞台化されることが決定。

1 2 3