1. まとめトップ
0 お気に入り 4926 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

namurageさん

2018年の年賀状は厄介です!

2018年用の年賀はがきの投函が「遅れた」場合、ちょっと注意が必要です

はがきの郵便料金が6月に52円から62円に値上げされたことを受け、2018年の年賀状を出すには注意が必要だ。

年賀ハガキを投函する期間に注意しよう!

2018年用の年賀はがきを今月15日~来年1月7日の間に投函とうかんしないと、1枚につき10円のプラス料金が必要になるとして、日本郵便が注意を呼びかけている。

年賀はがきが従来の52円で送れるのは「12月15日~来年1月7日」投函分だけ

ここが落とし穴!投函が早すぎてもダメ!

一体どうしてそんな事に?

郵便ハガキは今年(2017年)の6月1日から52円→62円に値上げされました。

しかし平成30年用の年賀状は52円のままの据え置きです。

2018年1月8日の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものについては、年賀はがきの料金(52円)が適用されます。

料金不足の場合、受取人が支払う事になるかも…

料金が足らないまま投函すると、差出人に差し戻されるか、受取人が不足分を負担することになるという。

これだけは避けたいですね…!

自分の認識不足によって、自分が年賀状でご挨拶をしようと思っている相手の方が10円払わなければならなくなってしまうなんて、問題ですよね。

それが上司だったりしたら…

18年の年賀はがきでは特別対応をとり、遅めの返信が見込まれる1月8~15日に限り、投函場所にかかわらず、差出人に返却する方針という。日本郵便広報室は「新年を祝う性格上、送り先に料金を求めるのはふさわしくない」と説明。16日以降は元の対応に戻るため、年賀状であっても送り先が10円を求められるケースが出てくる。

私製ハガキを年賀状として使う場合も注意!

私製はがきを使用して年賀状にする場合にも、12月15日から1月7日までの間なら52円で差し出せます。ただし、必ずはがき表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記する必要があります。

喪中はがきの場合は?

こんなことも知っておこう

余った年賀状は普通はがきとして使えます。
但し平成30年1月8日(月)以降は10円切手を貼り足すことをお忘れなく

とりあえず年賀状は特別って覚えておきましょう!

書き損じた年賀状は1枚につき5円の手数料を払えば新しい年賀状に交換できます。

1