人を好きになるのに理由も世間体もない。
全てを失ってもただ会いたい、一緒に居たい。
離れていても繋がっている、通じ合っている感覚がある。
こんなに心から想える人に出会える事は一生に一度の運命だと思う。
今の自分の恋愛と重なり、ひたすら涙が止まらなかった。

出典Amazon | ナラタージュ (角川文庫) | 島本 理生 | 日本文学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

先生好き必見!先生に恋する恋愛小説7作

年上で頼りになる先生に憧れる事ってありますよね。今回は先生との恋愛を描いた小説を紹介します。高校の先生、大学の先生、書道教室の先生が登場する作品をとりあげてみました。

このまとめを見る