1. まとめトップ

都立城東高校の偏差値と評判

スポーツの城東としてあまりにも有名な文武両道のスポーツ系進学校、都立城東高校の情報をまとめました。2度の甲子園出場を誇る名門野球部をはじめとする運動部の情報や、大学合格実績、学校行事などの情報も。

更新日: 2018年07月18日

0 お気に入り 46535 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumisawaさん

■「スポーツの城東」 で有名なスポーツ系進学校! 都立城東!

「スポーツの城東」という言葉であまりにも有名な体育会系進学校です。

難関大学に多数の合格者を出す進学校ながら、生徒のほとんどは運動部に所属していて、文武両道を実現するために学校のサポートが手厚いことから、「運動部で全国大会を本気で目指しながら、有名大学にも進学したい!」という生徒に非常に人気があります。

数ある強豪の部活の中でも最も名門として名高いのが都立城東高校野球部です。全国にも城東ファンの多い有名校です。

2度の甲子園出場経験は都立高校としては最多記録。また2017年まで近年は毎年ベスト8までに入っており、準決勝にも到達し、十分に甲子園出場が狙えます。城東の野球部に通うために遠方から通う生徒も少なくありません。

知と力を鍛えるのが城東の教育理念。全都から勉強とスポーツを思いっきり頑張って青春をしたい高校生が集まってきます。

運動部加入率が全都トップクラスであるだけでなく、球技大会や体育祭の盛り上がり、夢の島陸上競技場でのマラソン大会など、体育系行事も充実しています。

■国公立大や難関私大に多数の合格者を出す城東のヒミツ

創立時より進学校として知られる都立城東高校ですが、ここ数年の大学合格実績の伸びは目を見張るものがあります。国公立大や難関私大の現役合格者数は年々上がっているのです。

その秘密は、運動部に所属している生徒を3年間で伸ばすノウハウを都内のどの高校よりも蓄積しているから。似たような志向の生徒たちが集まるので、そういった生徒を伸ばすノウハウをどこよりも熟知しているのです。(写真は校内夏期講習の様子)

運動部に所属している進学校の生徒の悩みの一つが、勉強時間の確保。都立城東高校では、ほとんどの生徒が運動部に加入していることから、学校側が部活動練習や合宿・試合日程などと、講習や補習日・時間帯を調節して、「部活動練習が終わったら、そのまま学校の無料の夏期講習に参加」といった両立が可能になっています。長期休業中には延べ1200時間を超える講習・補習を無料実施!しかも1年生から多くの生徒が参加しています。

部活動合宿が盛んな都立城東高校ですが、勉強合宿だってあります!勉強漬けですが、写真のように、普段の友達ときずなが深まり、試合感覚で勉強も熱く!「城東手帳」を使って日々の勉強内容等を管理、さらに、有名大学の先生が城東生のために講義するジョイントセミナーも!

■中高一貫校でないから、学校行事の盛り上がりも凄い!

私立高校との一番の違いは、ケタ違いの学校行事の盛り上がり!規制が少なく、最大限に生徒たちの自主性に任せられているから、自由で最高の盛り上がりを城東祭で味わえます!

都立城東高校は、中高一貫校ではありません。中高一貫の私立高校だと、学校行事の大半が内進生主導で、高入生の関与が難しい場合も多いとか。城東はそんなことありません!高校入学のみんなが主役です!(写真は城東祭の一コマ)

■超名門! 都立城東高校の野球部とは!?

東東京で屈指の強豪として知られ、全国的にも知名度の高い都立城東高校野球部。最近では、プロ野球入りが確実ともいわれる慶應義塾大の関根君が注目されています。彼も城東高校で文武両道で大注目されていました。

東京六大学野球には、慶應大の関根君をはじめ城東出身者が多く、コネクションがあるのが魅力。「東京六大学野球を目指すなら城東」と言われるのも納得です。

都立城東高校の監督は、城東高校のOBでもあり、城東で甲子園出場の経験のある内田監督です。母校での指揮を執るというのは素晴らしいこと。その戦いぶりに注目です。

都立城東高校の野球部は、東京都からも強化指定対象の「スポーツ特別強化校」に指定されていて、指導者の継続や練習環境の充実などに努めています。

また、野球部のスポーツ特別推薦も実施しています。

■強豪がズラリと揃う城東の運動部を大紹介!!

都立駒場高校と共に、屈指の強豪として知られる都立城東高校の陸上部は、ユース陸上選手権の大会者を輩出したり、9回もの全国大会出場経験のある超名門です。本気で陸上!大学進学も全力なら城東へ!

ダンス部と共に城東の華!野球部などの応援でも注目される存在です。

■都立城東高校の偏差値は「63」

都立城東高校は、Vもぎ・Wもぎの合格確実圏偏差値が「63」となっています。これは、「都立3番手校」のグループに所属する上位進学校の位置づけです。

同じグループには、三田高校、竹早高校、白鴎高校、文京高校、富士高校、北園高校、墨田川高校、豊多摩高校などが所属しています。

■都立城東高校と悩む主な進学校一覧

「下町で最も受験指導の面倒見が良い高校」として有名で、「塾がおすすめしたい高校ランキング」でも上位ランクインする近年注目の進学校。進学指導重視型単位制なので、主要授業のほとんどは学力別少人数授業で、自分の学力に合った授業が受けられます。
体育祭の族と呼ばれる独自のシステムによる応援合戦はマスメディアで取り上げられるほど有名。水泳部や吹奏楽部は都内屈指の強豪です。特進クラスあり。

、今大学合格実績が最も伸びている進学校として雑誌やマスメディアで取り上げられる大躍進校。

真心をもって一生を生きていくという意味の「至誠一貫」が校訓のマジメな生徒が集まる校風。塾いらずの学校と評判で、国公立大を目指した特進クラスに当たる国公立クラスも設置。

野球部は都立校の中で毎年上位に食い込む強豪。他にも陸上部が好成績を残しています。

1 2