1. まとめトップ

クラス最速!?新型CBR250RRのスペック解説

今日は最近発売された、CBR250RRのスペック諸々をまとめていきたいと思います。

更新日: 2017年12月13日

1 お気に入り 4533 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こんにちは。主にバイク関連のまとめを製作しています。

CBR250RRとは?

今年、HONDAが販売を開始したCBR250RRです。従来の単気筒であったCBR250RではNinja250やYZF R25などに比べて運動性能が劣るため、対抗馬として販売開始しました。

気になるエンジンと出力は?

新型CBR250RRのエンジンは180°クランクの二気筒エンジンとなっています。
また、36.8馬力のパワーを持ち、従来のCBR250Rを大幅に上回った物となっています。

新型CBR250RRの最高速度は?

新型CBR250RRの最高時速は184kmとなっています。とても250ccクラスとは思えない速度で、HONDAの本気度が伺えます。

他のスペック

車体重量は165kgと軽量になっており燃費は40.1kmとなっています。
また電子制御スロットルを搭載し、様々な技術が詰め込まれています。

外装とその他ギミックは?

カラーバリエーション

現時点ではカラーバリエーションはヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、ソードメタリックの三種類となっています。

メーター周り

新型CBR250RRではデジタルメーターが採用されています。水温計やギアポジション、瞬間燃費やシフトタイミングランプも付いた高機能な物となっています。
またコンフォート、スポーツ、スポーツ+の三種類のモードを切り替えることもできます。

外装

新型CBR250RRにはLEDデュアルヘッドライトが標準装備されています。下側の左右はハイ/ローの切り替え機能を持ちアグレッシブなデザインとなっています。

また、CBR250RRには片側二本出しマフラーが純正装備され、クラスを超えた威圧感とスムーズな排気を行います。

気になる値段は?

このように、250ccとは思えない様々な装備を備えた新型CBR250RRですが、メーカー希望小売価格は75万円となっています。
しかし、75万円を払う価値のあるバイクだと思います。

最近、250ccフルカウルの各メーカーの戦いが激化していますね。これで高性能なバイクが沢山出れば嬉しいですね。

1