1. まとめトップ

成功者の夢の叶え方がわかる本8作!

成功している人たちがどんな考え方をして夢を叶えて来たかがわかる本を紹介します。何かを始めようと思っている方、是非参考にしてみて下さい。毎日が楽しくなりますよ。

更新日: 2018年01月11日

1 お気に入り 1116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夢の叶え方や強く生きる為にはどうすればいいかなど、勇気が湧いてくる本を紹介します。

minamikanakoさん

嫌われる勇気

フロイト、ユングと並ぶ心理学の三大巨頭の一人、アルフレッド・アドラーの思想を凝縮した一冊です。

アドラーは「人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる」と言っています。
読後は心が軽くなって世界の見方が変わります。

哲人と青年の対談形式で話は進んでいき、読みやすいです。

今まで悩んでいたことの全ての根本が分かりやすく対話形式の中で噛み砕いて解説されていて大変為になりました。人生観が変わります。

夢をかなえるゾウ

ある日突然、関西弁で話すゾウの神様「ガネーシャ」が夢をなくしたサラリーマンの前に現れた。ガネーシャとの交流で変わっていくサラリーマンの姿に元気になれます!

とにかくガネーシャが笑わせてくれます。
面白くて勇気が出る本です!

自己啓発だけでは無く、小説としても読み込め、主人公に自分が重なり、できてないことが思い浮かぶ。
これだけの高評価の理由が理解出来た。

本を読まない方や子供にも進められる名作。

世界一ふざけた夢の叶え方

まったく普通の3人が夢を叶える為に何をしたかという事が書かれた本です。
読みやすく楽しい本です。

高校生の時に買いました。本を読むのが
苦手な私も、この本だけは、ポンポンと頭の中に入ってきて、おもしろすぎて
何回読み返したかわかりません。笑
社会人になってから、読んでみると
後半のページに感動してしまい泣いてしまいました。勇気とやる気を私に与えてくれた最高の本です!ぜひ皆さんにも読んでいただきたいです!!

「言葉」があなたの人生を決める

コーチングの元祖であるルー・タイスの著作「アファメーション」をやさしく解説した本で、わかりやすいです。
成功スキルを学ぶことができます。

アファメーションとは、簡単にいうとなりたい理想の自分に臨場感を感じるための技術なのですが、その大切さ、そしてより臨場感をたかめるためにはどうすればよいのかということがよく分かります

野心のすすめ

有名になりたい、作家になりたい、結婚したいなど、無理と言われた願望を実現させた人気作家林真理子先生が教えてくれる夢を実現させるヒントが詰め込まれた本です。林先生がどうやって成功してきたかがわかります。

20代後半女性です。面白くてあっと言う間に読んでしまいました。赤裸々な人生の体験談、またズバズバっと林真理子さんの意見が書いてあり、読んだ後はとてもスッキリした気持ちになったと同時に、生き方について、自分自身が思っている事を後押しされているような勇気をもらいました。繰り返し読みたい本ですね。

夢の叶え方を知っていますか?

小説家として憶単位を稼ぎ、自分の庭に小さな鉄道を建設するという夢を叶えた作家森博嗣による夢の叶え方が書かれた本です。

他の人の評価、他の人の目にどのように映るか気にしたような夢ではなく、自分にとって本当に大切なことは、なんなのか?人生という限られた時間を使って、やりたいことは、なんなのか?などなど、色々と考えさせられました。

君に成功を贈る

ロックフェラー三世、松下幸之助など各界の頂点を極めた幾多の人々に影響を与えた日本人初のヨガ直伝者で講演家として活躍した中村天風氏による成功哲学の本です。

天風氏の講演を記したものなので、読みやすいです。とても勇気が湧いてくる本です。

成功哲学書は、星の数ほどありますが、
その中でも、この本は群を抜いていると思います。
中村天風氏の講演をベースにして、
話し言葉でまとめられています。よって非常に分かり易い。
天風氏の言葉のエネルギーに圧倒されます。

成功の実現

時代のリーダーたちに大きな影響を与えた中村天風氏の実践的な成功哲学の話がまとめられた本です。
魂が揺さぶられます!

上記の「君に成功を贈る」を読んで興味を持った方は是非、手に取ってみて下さい。本としては高価ですが、それ以上の価値があります。
繰り返し読む事で心が強くなります。

私の座右の本になっています。何歳になっても読み直して元気がもらえる本です。お勧めです。一万円でも安いです。

まとめ

魂にひびく本を紹介しました。どの本もおススメで、読後は前向きな気持ちになります。繰り返し読む事で勇気がわき、あなたの夢が実現に近づいていくと思います。きっとあなたの人生がワクワクでいっぱいになり輝きます。最後までおつき合い頂きありがとうございました。

1