1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

蒔田彩珠も!“こじらせ系”の青春マンガの名手「押見修造」映像化作品

“こじらせ”系の青春マンガの名手「押見修造」の傑作「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」が、南沙良と蒔田彩珠のW主演で実写映画化決定。押見作品は他にも、映画「スイートプールサイド」、ドラマ「ぼくは麻理のなか」「漂流ネットカフェ」、アニメ「惡の華」と映像化されている。

更新日: 2018年08月16日

24 お気に入り 44635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆“こじらせ”系の青春マンガの名手「押見修造」

押見修造は、思春期のモヤモヤや“こじらせ”を徹底的に描ききる「青春マンガの名手」として、今、注目を浴びている。

「アバンギャルド夢子」「漂流ネットカフェ」「悪の華」などコンスタントに作品を発表。独特の世界観に多くの人が惹きつけられている。

純愛やフェチズム、トラウマ、コンプレックスなど心の奥を刺激されるような過激な内容が高い画力と繊細な描写で描かれ、「押見先生の作品は人生で一番好き」「思春期のムラムラした感じが見事に再現されてるからたまらない」と夢中になる人が続出。

◆マンガ賞やランキング本などでもその作品は高く評価されている

宝島社『このマンガがすごい!2018』で「血の轍」が第9位に入りました❗️ありがとうございます‼️ pic.twitter.com/yDmzW21rvE

『悪の華』は「このマンガがすごい! 2011」のオトコ編で第10位にランクインしている。

◆そんな押見の映像化作品5選

映画

▼『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開)

押見修造「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」実写映画化!15歳コンビがW主演 dlvr.it/Q5fSkd pic.twitter.com/y6JLTtWtIE

「15歳の実力派」として人気上昇中の女優、南沙良(15)と蒔田彩珠(あじゅ=15)が映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(来年7月公開、湯浅弘章監督)にダブル主演する。

原作は、漫画家・押見修造が実体験をベースに描いた同名タイトル作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(太田出版)。

ひょんなことから仲良くなり交流を深めていく、上手く言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲と馴染めずにいる高校1年生の志乃と、音楽好きだが音痴な同級生・加代ら、思春期を迎えた少年少女たちが抱える葛藤や苦悩が描かれる。

脚本は、映画『百円の恋』第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞ほか、数々の賞に輝いた足立紳氏が務め、監督は、乃木坂46のミュージックビデオなどを手掛け、本作が長編商業映画デビューとなる湯浅弘章氏が担当する。

劇中で披露されるという南の歌声、猛特訓して挑んだという蒔田のギター演奏にも注目だ。

押見修造「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」実写映画化!15歳コンビがW主演 - コミックナタリー natalie.mu/comic/news/260… 湯浅さんだ!

煌めきを感じるっ! 漫画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』実写映画化!2018年7月より順次公開 https://t.co/gyPS0LInoG pic.twitter.com/JUWIZxyIrU

押見修造の人気漫画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』映画化! 15歳の若手女優W主演 | Daily News | Billboard JAPAN billboard-japan.com/sp/d_news/deta… ワカコ酒の湯浅弘章監督、推してる蒔田彩珠、そして新宿武蔵野館。観る

▼『スイートプールサイド』(2014)

監督:松居大悟
脚本:松居大悟
原作:押見修造
出演:須賀健太、刈谷友衣子、太賀

高校1年になっても毛が生えないことに疑問を抱く太田年彦(須賀健太)は、同じ水泳部の毛深い女子、後藤綾子(刈谷友衣子)のことを、陰でうらやましいと感じていた。

ある日、綾子に毛深いことを相談されその悩みを真剣に聞いていた彼は、「わたしの毛を、そってくれない?」と思いも寄らぬお願いをされ仰天する。それ以来、二人だけの秘密の関係がスタートし……。

押見修造による、思春期特有の毛の悩みを抱える少年少女の姿を描いた異色青春コミックを実写映画化。

“毛”にまつわる悩みを抱えた2人の高校生たちの姿を、コミカルかつエッチなムード満載に描き出す。

メガホンを取るのは、『アフロ田中』などの松居大悟。『ALWAYS』シリーズなどの須賀健太と『告白』などの刈谷友衣子を主演に、松田翔太、谷村美月、お笑いコンビTKOの木下隆行らが脇を固める。

1 2 3