1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

まくらに抱かれて眠る?「色々なタイプの枕」が魅力的すぎる

知らない間に色々なタイプの枕が発売されていたのでご紹介します。

更新日: 2017年12月13日

65 お気に入り 67088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおけるニュースサイト、HPを元に作成しています。

■枕は質の良い睡眠を得るのに大事な役割を持つ

自分に合った枕を選ぶというのは意外に難しく、「枕が変わると眠れない」という言葉もあるように、睡眠の質に大きく影響している。

「枕不眠」という言葉もあります。枕の高さなどがあわず、寝ている間の姿勢が悪いため、ストレスが十分にとれないということがあるのです。

まくらが合っていないと、頭痛や肩こり、イビキや不眠症など、さまざまな症状の原因にもなります。

@haku_tumanneww 実は結構前から枕が合わなくて悩んでてオーダーメイド枕も作ったけど結局合わないっていう悩みがありますw

いつも合わない枕を使っているせいか、肩凝り、疲れがとれません。。猫背は長年の悩みです。。 よい枕でよい睡眠がとれたら嬉しいです。 /monipla.jp/drsmith/stretc…

最近の悩みは枕が合わない、寒さによる腰痛です。

そんな大事な枕ですが、色々な枕が発売されてた

■「抱かれ枕」が究極の眠りへ誘う?

頭だけで支える枕とは異なり、両肩まで大きく包み込むように肩全体で受け止めます。左右のアームの部分に腕を乗せた感覚は、高級感のある肘掛け椅子や、飛行機のファーストクラスに乗っているような贅沢な心地よさ

ヴィレッジヴァンガードオンラインが発売するのは、「抱き枕」ならぬ「抱かれ枕」。すっぽりと上半身を包み込むようにして、快適な毎日の眠りを支えてくれます

中身が頭部、首部、腕部に分かれているので、寝返りをうったり横向きになったりしても体の動きにフィット。

■抱えるだけで安眠へと導く枕型のロボットが登場

プレオーダー価格は、449ドル(約5万円)から。申し込み締め切りは、12月15日。

ナイロンシェルに包まれたソフトな本体には、76デジベルスピーカーをはじめ、動き・呼吸検出機能、ソフトコントロールパネルを実装。

ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれるとのこと。

使い方は簡単で、文字通り抱きしめて眠るだけ。スタートボタンを押すと、ユーザーの心拍数に合わせて、ロボットが呼吸を開始。その息遣いを感じているうちに、ユーザーは深い眠りへと落ちていく。

ロボットは心臓の鼓動音や子守唄、瞑想ガイドなどユーザーが付属のアプリで設定した音声も発することができる。

専用アプリを使えば、好きな音や曲を、個別にアップロードすることもできる。音量調節も電源オフも、アプリで簡単に設定可能。

bluetoothで通信可能なスピーカーも内蔵していて、音楽を流したり、お話をしてくれたりするのだとか。音は眠りに落ちたら自動的に止まる仕組み。

1 2