かつて、おもちゃ達と遊んでいた少年アンディは、月日を経て17歳になり、大学進学を控えていた。

当然、既におもちゃ遊びからは卒業しており、彼らは寂しがると同時に、もうすぐ来るであろう別れの日を思って不安を覚えていた。

そして、アンディの荷造りの日。

アンディはおもちゃを捨てることこそしなかったものの、長年連れ添ってきたウッディのみを持って行くことに決め、バズをはじめとする残りのおもちゃ達は屋根裏にしまわれることになった。

しかし、アンディの母の手違いで、おもちゃ達は危うく捨てられかける。アンディに見放されたのだと思い込んだおもちゃ達はアンディの家を見限り、託児所へ寄付される荷物の箱に潜り込み、近所の託児所「サニーサイド」へと移り住む。
アンディのことを信じるウッディは、彼らを説得しようと同行するが、託児所の大勢のおもちゃ達が彼らを歓迎する。

「ここではどんなおもちゃも捨てられることはない。おもちゃにとっての天国だ!」……。バズ達はこれを受け、託児所に留まることを決意し、ウッディもそれを受け入れて去って行った。

出典トイ・ストーリー3とは (トイストーリースリーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

外出出来ない時に観たい、がちで感動する映画

冬休みに観たい、がちで感動する映画涙したい映画を揃えました

このまとめを見る