1. まとめトップ

【海外ゴシップ】もしかして整形だらけ!? 脂肪吸引を受けたセレブまとめ

日本の芸能界と比べ、海外の芸能人は整形手術が当たり前と言われています。ここでは、脂肪吸引を受けた、もしくはうわさがある海外セレブをまとめました。

更新日: 2017年12月13日

4 お気に入り 2605 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外セレブのゴシップ記事の参考にして作成しました。

ayvnbuipさん

■脂肪吸引を受けたセレブとは

カニエ・ウエストの妻であるキム・カーダシアンは、2013年に脂肪吸引を希望していることをインタビューで答えています。
ということは、現在は脂肪吸引をしたのかもしれませんね。

キムはお腹の脂肪吸引を受けるかもしれないわ。それが太る恐怖から逃れる方法だから。彼女の胸やお尻などお腹以外のパーツは丸みを帯びているから、キムはお腹だけはどうしても真っ平らにしておきたくてダイエットに励んでいるのよ。私たち家族はキムに“痩せることは考えずにリラックスして”となだめているけど。

長女ノースちゃん出産後、体型がなかなか元に戻らなくて10万ドル(約1100万円)かけての脂肪吸引手術やタミータック(吸引後、余った皮膚の切除)を受けたと噂されたキム。真偽は不明だけど、有名になるずっと以前に脂肪吸引手術を受けたのは事実のよう。

作品に出るたびに整形疑惑が取り正されるデミ・ムーアも脂肪吸引の疑惑があります。それどころか、全身整形のウワサも!?

デミ・ムーア本人は、ヨガを中心としたエクササイズや美しくなるための心構えのおかげであると言っており、整形手術については完全に否定しているようです。しかし、若いころから画像や動画が山のように残っている超有名女優にとって、その疑惑を否定するのは相当難しそうです。まず、豊胸手術。バストアップエクササイズだけでは無理でしょう。脂肪吸引は、ヒップ、腹部、唇を実施したとの噂。

美の追求に余念がなく、全身になんらかの手を入れている彼女はなんと、50歳になる直前に美しい膝をキープするために膝下の脂肪を除去したという噂。

アクションスターとして不動の地位を築き上げたドゥエイン・ジョンソン。
脂肪吸引とは無縁のような気もしますが、役作りのために脂肪吸引したのだとか!?

『ギャグスターズ 明日へのタッチダウン』主演が決まったことをきっかけに、トレーニングでアメフト選手の肉体作りをスタート。その最終仕上げとして胸筋や腹筋の周囲の脂肪を吸引し、筋肉を際立たせた!

「(9年前に)脇の脂肪吸引をしたの」とクリッシーはつけ加えた。「そのおかげで両腕の長さが2インチ(約5センチ)伸びたわ。でも(脂肪は)また戻ってきていて、もう一度受ける必要があるかもしれない」

出産後再び脂肪がついてきたので2度目の脂肪除去手術を受ける予定だそう。

■脂肪吸引って、そんなに効果が高いの?

ダイエットと違い、体についた脂肪細胞の数を手術によって減らすので、高い細美効果が期待できます。さらに、ダイエットのデメリットであるリバウンド可能性も少なくします。

体についた脂肪細胞の数を吸引によって減らすことで、サイズダウンと太りにくいボディを作る、という方法です。 気になる部分の目立たない箇所に、3〜4mm程の穴を開け、細いパイプ(カニューレ)を入れて、余分な皮下脂肪を吸引器でしっかりと吸引します。

ダイエットでは難しい部分痩せをラクラク実現できる。

ダイエットよりも確実!

肥満の原因「脂肪細胞」自体を取り除くので、1回の吸引でリバウンドしない二度と太らない体に。

リバウンドしない!

1