1. まとめトップ

結ばない靴ひもはどちらがいい?クールノットvsキャタピラン

はじめてキャタピランを使って、マラソンにも全然イケるあの履き心地に「結ばない靴ひも」ってすげぇ!って感動した人も少なくないはずです。なのに同じキャタピランを新調したのに、なぜかヒモが穴から抜けてしまう、材質が変わってしまったと思っている人に参考になればと思ってまとめてみました!

更新日: 2018年03月07日

4 お気に入り 16118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

e-rankingさん

結ばない靴ひもはどちらがいい?クールノットvsキャタピラン

見た目がかなり似ている結ばなくていい靴ひも「クールノット」と「キャタピラン」ですが、どう違うのかについてかについてまとめてみました。

主に違うのはゴムの素材と、コブの形状と、コブの数と、生産国

こちらを参照させていただきましたが、

コブの形状
クールノット 円形
キャタピラン 楕円形

コブの数
クールノット46個
キャタピラン50個

ゴム素材
クールノット ゴム(Spandex)
キャタピラン ゴム

生産国
クールノット 中国
キャタピラン 日本

コブの形状が違うとどう違うの?

"キャタピラン"のコブの部分が楕円形ですが、”クールノット”は

丸いコブなので靴穴に均等に力が加わり、穴抜けを防ぐことができます。

コブの数が違うとどう違うの?

パッケージによると

キャタピランは製造上、コブの数、コブサイズ、長さ等に多少のばらつきが生じますが、性能に関しては影響はございませんので安心してご使用ください。

メーカー側の説明だと、性能に影響はないようだ。ただ、コブの数、サイズ、長さ等にバラつきあって、性能にまったく影響はないのだろうか?

穴抜けに関しては面白い質問がYahoo!知恵袋に掲載されている

結ばない靴ひもキャタピランについてです。
ランニングやマラソンをする時に使用していたのですが、新規購入した靴ひもがゆるんで靴ひもの穴から抜けるようになった気がします。

今までに何本か使用していたのですが、靴ひもが抜けるということはありませんでした。
たまたま新規購入したものがゴムの劣化等で不良品だったのかなと思い、事情を説明して購入店舗(ABC Mart)で別のものと交換をしてもらいましたが、交換してもらったものも靴ひもが穴から抜けやすく以前のような足に吸着するようなピッタリ感がなくなってしまいました。
また別店舗でも別の色の靴ひもを購入して装着してみましたが、やはり抜けます。
なんだか触った感じも違うような気もします・・・。
商品が改悪されてしまったのでしょうか・・・?
それとも偽物でしょうか・・・?(ABC Martで偽物を販売するってことはないですよね・・・)

上記の質問に対する回答が興味深い。

私も同じ経験があります。
同じくABCマートで購入しましたが私の場合はゆるむというか
紐の強度(中のゴム?)自体が以前買った物よりも弱くなった、
玉の部分がいびつな形になったことによって靴の穴から抜けてしまう、
表面がノリづけ(?)したようにザラザラで靴が傷んでしまう
と明らかに品質が悪いものだったので使用するのをやめました。
この品質が悪い方は日本製で以前使っていた物は中国製でした。
日本製にしてコストを抑えるために粗悪な材料にしたのだと思います。
さすがにABCマートが偽物など売らないでしょう。
ゼビオなどで他社製の物が売られていますのでそちらを試されてはいかがでしょうか?

ということで、日本製になってから材質的に落ちたと感じている人がいるようだ。

中国製より日本製の方が品質が悪いっていうのが不思議な気もしますが、粗悪な材料を使うようになったというのは残念ですね・・・。

ゼビオで販売されている他社製はゆるむことがないことを期待したいと思います。探してみます!

ありがとうございました。

ゼビオで売っている結ばない靴ひもで店員さんがお勧めしてくれたのはクールノットだった!

初期キャタピランの材質に戻りたいと思っている人にはクールノットがお勧め。こちらは、初代キャタピランと同じように材質がスパンデックスゴムで、変なノリ(?)みたいなのがついていません。また、引っ張って伸縮させた際に『サワサワ』という感じの音がなって、やはり初期のころのキャタピランとかなり似ています。

まとめ

1 2