1. まとめトップ

ハゲ隠し&オシャレ☆ 薄毛にオススメの帽子&スタイルをご紹介♪

薄毛にオススメの帽子&スタイルをご紹介します。薄毛にコンプレックスを持っている方は参考にしてください。

更新日: 2017年12月14日

3 お気に入り 2119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

薄毛に似合う帽子、スタイルをネットの情報を参考にまとめました。

ennmxdcssさん

ハゲや薄毛の強い味方

ハゲや薄毛を隠すだけのアイテムとして帽子は欠かせません。さらに、隠すだけで、帽子のチョイスやかぶり方次第ではカッコよく見せることができます。

春先から夏場は帽子を被る事をお勧めします。日焼けした頭皮はリンパの流れが悪くなったり、地肌力を弱めてしまうので薄毛が気になりだしたら、早めにかぶりましょう薄毛対策になります。

でもハゲや薄毛を隠すだけのアイテムとして帽子(ニット・ハット・キャップ)などを被るのはもったいない。

被り方次第ではカッコよさが演出できる

薄毛を隠すことを意識するあまり、深く被りすぎるのはNG。
少し斜めにかぶってみたり、おでこをあえて出すなどがオシャレに見えます。また、帽子だけでなく、サングラスやメガネなどでアクセントをつけるのも◎

ニット帽は苦手やねん!っていうオデコの喰い込みが気になる方には、是非、勇気を出して、喰い込み部分をハットからチラ見せして下さい!誠っとにセクシーになりますから!

もし貴方が少し長めのヘアースタイルならば、思い切って、後ろの髪型と、横の髪を伸ばして下さい。
横の髪と、バックの髪も正面から見えるようにすると、一気にカッコ良くなり、このようなハットを少し斜めに被ると、ジョニーデップなんかを飛び越して、グットカッコ良くなりますから!

どんな帽子がオススメ?

『通気性に優れている』『洗いやすい』などを考慮して選ぶようにしましょう。
※ストローハット、ビーニーなど

遠慮なくザブザブ洗えるのは綿や混紡の素材で、ピケ帽やニット帽など芯やツバのない形状のものです。中には洗濯機で洗っても大丈夫なものもありますので、面倒くさがりの方は洗い方を確認してから購入することをお薦めします。

冬用帽子にはどんな素材が適当なのでしょうか?暖かくて室内でも被っていられるのは、やっぱりニット系の帽子ですよね。夏用にはサマーニットが使われますが、冬用のものはアクリルやウールが主流になります。

注意事項:帽子が薄毛の原因に!?

必ずしも帽子が薄毛の原因というわけではありません。しかし、被り続けると、ムレてしまうので、衛生的にいいとはいえません。またサイズにキツいと、血行にも影響します。

帽子を長時間かぶっていると、頭皮が蒸れて汗や皮脂などが分泌され湿度が高くなり、はげを気にされている方にとっては危険な状態です。頭皮が雑菌の繫殖しやすい環境になり、炎症などのはげにつながるトラブルを引き起こしてしまいます。

帽子のデメリット1.蒸れる

締め付けのきつい帽子をかぶっていると、頭皮が血行不良になり、はげにつながります。さらに髪を余計にこすり、毛根や髪の毛への負担が増え抜け毛が多くなるでしょう。

帽子のデメリット2.血行不良

1