【ヤバイ】東京の10年先を行く「上海」の生活をご覧ください

栄えてるというのは何となく知っていたけど、想像を軽く超えてきました…!

更新日: 2017年12月15日

53 お気に入り 129884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こ、コンビニからして未来すぎる…

“エキナカ”などで見かける小規模なコンビニにタイヤが取り付けられたような形状をしており、自走してどこにでも移動できる

AI自走式の生活必需品販売車Moby、上海でテスト中。Amazon Go式決済で山村にも豊かな生活を jp.autoblog.com/2017/06/17/ai-… pic.twitter.com/StkJk85uOK

街中を動き回りつつ、AIが会計とか在庫管理とか全部こなすらしい。。

こんなのはほんの一例で…

Shanghai’s first two unmanned convenience stores reopened to the public with AC installed. pic.twitter.com/v3va3Al5FY

無人コンビニがほかにも設置されていたり、

China’s Suning lets customers pay with facial recognition at Shanghai store bit.ly/2zk7IyE pic.twitter.com/aMsqvLH0Yq

顔スキャンだけで買い物をするショップまで登場…!

商品購入後は並んで決済する必要がなく、直接支払いゲートを通るだけで、顔スキャンによる身分確認と、購入商品のスキャンを完了

中国ではスターバックスのコーヒーやコンビニの商品、果物まで気軽に持ってきてもらうことができ、非常に便利

「青椒肉絲はこの店、小籠包はあの店」のように店をまたいだ注文まで可能になってしまい、家から一歩も出ずに夜を過ごす

日本のモバイル決済の利用率が6.0%なのに対し、中国は98.3%

全然ちがう。。

屋台なんかでも、QRコードを読み取って送金するのが当たり前(゚д゚)

日本人「2週間ほど中国国内を出張していたんですが、その間使った現金は100元(約1500円)ほど」

日本じゃ絶対ムリ…

一方、実は東京の「未来化」も少しずつ

iPadで注文、スマホorカードで支払いっていうスマートすぎるお店。

噂の完全キャッシュレスレストランGATHERING TABLE PANTRYへ。iPadでのセルフオーダーと、非現金決済がマネークリップ派にはたまらない。イタリアンも美味。#gatheringtablepantry #日本橋twitter.com/i/web/status/9…

WindowsOS対応のPOSレジアプリ「BCPOS」において、仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)決済が可能に ascii.jp/elem/000/001/5… pic.twitter.com/X70zaK8nTc

日本でも「スマホで会計」が当たり前になっていくのでしょうか…!

1