1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

時かけからハガレンまで…名作アニメの監督の新作が見逃せない!

「天元突破グレンラガン」に「シンゴジラ」,「鋼の錬金術師FA」,「時をかける少女」まで…あの名作を手掛けた監督の最新作がついに発表になりました!大反響を呼んでいる作品たちを要チェック…テンション上がりながらまとめてみました。

更新日: 2017年12月15日

26 お気に入り 46804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スタッフ陣が豪華すぎ…見逃せない新アニメが続々登場!

critical_phyさん

「天元突破グレンラガン」のスタッフが再集結!…主題歌が早くも大反響の「ダリフラ」!

『シン・ゴジラ』や『エヴァンゲリヲン新劇場版』でおなじみのスタジオカラーの参加も発表されて話題となっている、2018年1月より放送のTRIGGER & A-1 Pictures共同制作の新作TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。

人類が荒廃した大地に移動要塞都市・プランテーションで暮らす世界を舞台に、コドモたちがフランクスと呼ばれるロボットで、謎に包まれた巨大生命体・叫竜と戦う姿を描く。「天元突破グレンラガン」などの錦織敦史さんが監督を務めるロボットアニメ。

オープニング主題歌「KISS OF DEATH(Produced by HYDE)」を中島美嘉さん×HYDEさんが担当することも発表された。HYDEさんが中島美嘉さんに楽曲を提供するのは「GLAMOROUS SKY」から13年ぶり2度目。

まじかよ…「シン・ゴジラ」の樋口監督の新アニメにはあの人気脚本家が参加するそうです!

興行収入82.5億円で昨年の邦画実写1位。今年3月発売のパッケージもDVD、BD累計売上29万枚超えの大ヒット。

総監督および脚本を務めたのは「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明。特技監督は同氏と親交の深い樋口真嗣。他にも監督のひとりとして摩砂雪や、音楽を鷺巣詩郎が担当するなど、スタッフにもエヴァではお馴染みの顔が多く含まれている。

「復活」でも「再生」でもない今まで誰も見た事のないゴジラをコンセプトにしており、第1作を含めて全てのゴジラシリーズの設定をリセットしている。

樋口真嗣監督が3日、幕張メッセで開催中の「東京コミコン2017」に登壇し、最新作がオリジナルのテレビアニメーション「ひそねとまそたん」であることを発表した。

本作の脚本を手掛けるのは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里。樋口総監督とは別の企画が頓挫してしまったが、一緒に作品をつくりたいということで、樋口総監督がアイデアを話したところ、賛同を得られたという。

樋口真嗣さん新作は実写じゃなくてオリジナルアニメなんだ…絵本風な絵柄でまた意外

「鋼の錬金術師」の入江監督が動き出す…クラウドファンディングを要チェック!

「月刊少年ガンガン」で連載されていた漫画『鋼の錬金術師』をアニメ化した作品である。タイトルの英訳である「FULLMETAL ALCHEMIST」を正式タイトルに付加している。英題は『Fullmetal Alchemist: Brotherhood』。

単行本は全27巻で累計6100万部(2013年6月26日時点)を突破し、高い人気を博した。月刊少年ガンガンでは実に約9年の連載を経て、2010年7月号にて最終回を迎えた(全108話)。

夕方アニメでは珍しく5クール64話というボリュームで、スタジオがボンズさんなので、迫力のある戦闘シーンが多く、ストーリーがとても秀逸だったと思います。主人公のエドとアルの兄弟愛や、成長を少年漫画らしくうまく描いています。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』『灼熱の卓球娘』などのTVアニメを手掛けたアニメ監督の入江泰浩さんが、新作アニメ『ハロウィン・パジャマ・イン・シアトル』の制作プロジェクトを、クラウドファンディングサイト・Kickstarterで行っている。

無事に目標額達成したようです!

入江泰浩(原作・作画)によるオリジナル漫画『ハロウィン・パジャマ』の2年半ぶりの新刊(夏コミにて配布)を制作するために必要な資金(印刷費)を調達したく思います。同時に、皆さんと一緒に漫画を作っていきたいと思います。

10歳の少女・麝香蘭(ジャコウラン)は、夢の中で不思議な人々と遭遇する。彼らはこの世に未練を残し、天国にいけないまま彷徨うゴースト達だった。

ここからどんな物語へ続くのか…

「ハロウィン・パジャマ」という漫画のアニメ化企画。興味深いのは「アニメ素材のデジタルダウンロード」というリワードがあるところ。あと20万円出せば本編にチョイ役で出られるそうな。(重要キャラになれる枠もあったけどもう埋まってる) kickstarter.com/projects/14892…

ついに来た…「時をかける少女」細田守監督の新作のテーマとは?

アニメーション版はこれまでになく、アクティヴで前向きな主人公が初夏の町を、文字通り駆け抜けていく爽快な青春映画の決定版。

13本のフィルムにより、初週わずか6館の小規模公開で始まった同作は、口コミなどの効果で上映館は延べ100館以上に拡大。40週間という、映画としては異例のロングラン上映を達成した。

1 2