1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼台車に亀裂が入り脱線の危険性もあったのぞみ34号

▼台車に亀裂が入っている以上、容易に移動することはできず、名古屋駅の14番線は使用不能に

名古屋駅14番線にはK5編成が止まったままです。14番線の表示もないです。 上りは15番線だけの運用で、遅れが出ています。 pic.twitter.com/swiORNWVfP

▼名古屋駅は14番線が使用できず地獄絵図に

もし明日も名古屋駅14番線が使えない状態になると、18、19時台は
02分発のぞみ
06分発のぞみ
12分発のぞみ
16分発のぞみ
22分発のぞみ
26分発ひかり
29分発こだま
33分発のぞみ
35分発ひかり
39分発ひかり
42分発のぞみ
49分発のぞみ
55分発のぞみ
59分発こだま

毎時14本の列車を1線で捌く忙しい状態

▼名古屋駅の14番線が使用できないため岐阜羽島駅でのこだまの接続が取られた

こだま694が岐阜羽島駅でのぞみ64に接続。今日だけとのことでしたが3日目? 名古屋駅の14番線が使えないから臨時の取り扱いに。 0番線はのぞみ64号という珍しい風景。 pic.twitter.com/4uKAdDmSCI

▼名古屋駅での14番線使用不能によるダイヤ乱れの影響なのか?名古屋始発のこだまが乗客を乗せずに出発する凡ミスも発生

新幹線「こだま」200人乗せずに出発進行⇒20メートル戻って仕切り直し 名古屋駅で huffp.st/3RLdf8v

東海道新幹線名古屋発東京行きの「こだま684号」(16両編成)が13日、名古屋駅のホームで待っていた乗客約200人を乗せないまま出発していたことがわかった。

JR東海によると、問題の新幹線は、名古屋駅を出発する前、ドアを開けずに乗客を車内に入れないまま、同日午後8時31分に発車。

駅員が非常ボタンで緊急停止させたため、約20メートルバックしてホームに戻った。通常は3人が乗車する車掌も1人しか乗っていなかったという。

▼台車が破損したのぞみ34号を移動させるための解決策は名古屋駅構内での台車の交換だった

▼ようやく車両を切り離しての撤去作業が始まる

名古屋駅に留置中の台車に亀裂の入ったJR西日本のN700系にN700系を連結して移動開始。#NHK pic.twitter.com/MGIV7gvhDz

東海道新幹線名古屋駅K5編成撤去作業開始しました! 鉄道運輸委員会の調査も終わったため、終電から始発までの間に順次数両単位で撤去するようです。 週明けまでには撤去を完了したいはず。 pic.twitter.com/cgzwOoZYj4

N700系 K5編成(14号車〜16号車)は14番線から一度東京方面にN700A救援列車が牽引し、入換を行い2:00頃名古屋駅15番線方面へ押し込まれました。この後日比津(名古屋車両所)へ向かうと思われます。 pic.twitter.com/SOBn53uiZ0

▼事故車両の撤去が始まったとはいえ名古屋駅の14番ホームは依然として使用できない

新幹線の連結面が見れるという珍しい状況に・・・

名古屋駅に留置中の当該編成。14~16号車は既に解結されていた pic.twitter.com/WmaBPZi3si

何でこっちの新幹線は動かないのか?と思っていたら例の故障車だった。という事で名古屋駅の東京方面は1ホームで運行中。 (@ JR名古屋駅 14-15番線ホーム in 名古屋, 愛知県) swarmapp.com/c/1whTFxWAHK3 pic.twitter.com/A2ymLUoFwK

名古屋駅14番線にはK5編成の1-13号車とMOが2台連結されています。 MOの連結器と新幹線の連結器は形状が異なるので、間にアタッチメントが入れてあります。 pic.twitter.com/4mhVAfr3KL

名古屋駅の14番線に止まったままの台車亀裂見つかった新幹線、先頭3両は撤去され、見たことない機関車?がホームにはいってた。 この影響で東京方面に遅れ発生中・・ pic.twitter.com/jccfuGZD5a

1 2