1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

SF系から時代劇「のみとり侍」ものまで!2018年前半の「コメディ映画」5選

2018年前半も「コメディ映画」のバリエーションは多彩。マット・デイモン主演のSFコメディ「ダウンサイズ」、阿部寛が“エロ侍”役の時代劇コメディ「のみとり侍」、実話に基づくヒューマンコメディ「ウイスキーと2人の花嫁」、童貞たちの青春コメディ「チェリーボーイズ」、贋物を巡るコメディ「嘘八百」。

更新日: 2018年05月19日

10 お気に入り 12779 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

堺を舞台に贋物で一攫千金を狙う爆笑コメディ

◆『嘘八百』(1月5日公開)

中井貴一×佐々木蔵之介ダブル主演『嘘八百』、予告映像&最新ビジュアルが公開 | ぴあ映画生活 bit.ly/2gZI2Nd #映画 #eiga pic.twitter.com/YdueuvQYRe

大物狙いだが空振り続きの古物商・小池則夫は、腕は良いのに落ちぶれてしまった陶芸家・野田佐輔と出会う。大御所鑑定士に一杯食わされた2人は、仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げて一攫千金を狙う。

そんな彼らの行動が、家族や仲間、文化庁までも巻き込む大騒動に発展し……。

「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳が再びタッグを組んだコメディ。

うだつの上がらない古物商と陶芸家を中心に、“幻の利休の茶器”をめぐるだまし合いのバトルをユーモアたっぷりに描き出す。

佐々木演じる陶芸家の妻役に友近、イカサマ古物商(中井)の娘役に森川葵。

佐々木蔵之介&中井貴一がW主演

映画「嘘八百」試写会に行ってきました! 騙し騙されの連続、かつての情熱を取り戻すオジサンたち、面白すぎる芸人キャスト勢、笑いに包まれた作品でした #嘘八百 #試写会

この間、映画の試写会に行って来ました。 1月5日ロードショー「嘘八百」 中井貴一さんも佐々木蔵之介さんも流石です。 面白かったです。 pic.twitter.com/3h26FSuwIV

今日は映画をハシゴ。 映画館でスターウォーズ、試写会で嘘八百を鑑賞。 スターウォーズは、前作がめちゃくちゃ面白かったので、期待値が上がりすぎてたせいか、前作よりかはトーンダウンした感じ。 嘘八百は、ジャパニーズコメディらしい展開で… twitter.com/i/web/status/9…

第2次世界大戦中の実話を基にしたヒューマンコメディ

◆『ウイスキーと2人の花嫁』(2月17日公開)

[映画ニュース] ウイスキーを愛する島民と、父娘の愛の物語「ウイスキーと2人の花嫁」公開 eiga.com/l/b37AT pic.twitter.com/VIpB4P8ZrE

第2次世界大戦の戦況悪化が原因でウイスキーの配給が止まり、トディー島の住人たちはすっかり落ち込んでいた。

郵便局長ジョセフの長女ペギーと次女カトリーナはそれぞれ恋人と結婚したがっていたが、周りからはウイスキーなしで結婚式はできないと激しい反発を受けてしまう。ある日、大量の酒を積んだ貨物船が座礁し……。

ウイスキーを心から愛する地元住民やそれぞれ結婚を控えた姉妹とその父親が繰り広げる騒動を描いたヒューマンコメディ。

第2次世界大戦中のスコットランドで起きた貨物船座礁事件の実話をもとに映画化。

美しいスコットランドの各地で撮影された映像、思わず誰かと踊りだしたくなるような心弾む音楽、可愛らしい衣装や小物、美味しいウイスキーが飲みたくなる魅力満載のシーンの数々が、観る者すべての心をほっこり幸せにしてくれる。

チラシのPOPな感じとか、予告の音楽とか、すごく気になる 映画「ウイスキーと2人の花嫁」オフィシャルサイト synca.jp/whisky/

『ウイスキーと2人の花嫁」』予告編。 ウイスキーの配給が止まり島民が「お茶しかない…」と嘆く。先月観た『人生はシネマティック』の「紅茶を飲めば落ち着くわ」というイギリスらしい台詞と対比し、正にスコットランドらしい表現だと思った私… twitter.com/i/web/status/9…

『ウイスキーと2人の花嫁』試写。第二次世界大戦中に起きた貨物船座礁事をベースにしたコメディ。群集劇で全編とても楽しく賑やか!人間ドラマは広く浅く。癖のある人物が居ないせいかキャラのインパクトが少し弱いが、音楽、映像、雰囲気がスコットランド色全開で英国好きにはたまらない。

林遣都らが童貞3人組を演じた青春コメディ

◆『チェリーボーイズ』(2月17日公開)

古泉智浩「チェリーボーイズ」実写映画化、25歳の童貞3人組を林遣都ら演じる(コメントあり) natalie.mu/comic/news/252… pic.twitter.com/AJjd9LFXRr

地方都市に暮らす25歳の国森信一(林遣都)、吉村達也(柳俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)は仕事も恋愛も思うようにいかず、さらに女性経験のない彼らが考えることは、女性やセックスのことばかり。

1 2 3