1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

これだけは抑えてほしい・・・世界水準の新世代ポップパンクバンド5選

世界水準のクオリティーを誇る日本の新世代ポップパンクバンドをご紹介します。After TonightやWe are The Champin$の解散・活休の穴を埋める新しい世代として期待大です!!

更新日: 2018年01月04日

111 お気に入り 20603 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiromochiさん

See You Smile

パンクの持つ初期衝動感とキャッチーなメロディーにエモやインディ・ロックの要素を取り入れる近年のトレンドを、上手く自分たちのフィルターを通して表現している姿勢が伺えます。

余談ですが、Gt.の方はBearWearでも弾かれてるそうで、この多方面へのアプローチにも納得。

良質なエモ/インディーロックサウンドを奏でているようです。

Kickassray

今最も注目すべき金沢のU-20ポップパンクバンド"KICKASSRAY"

TITLE FIGHT、THE STORY SO FAR等に強く影響を受けたポップパンクサウンドですが、若さ故のフレッシュな感性から生み出されるこのキラキラした空気感はポップパンクだけでなくインディーロックファンにもマストだと思います。

KICKASSRAYの新曲マジTITLE FIGHTすぎて最高 若くしてこのセンスは異常 >RT

ペンシルバニア州出身の人気メロディックパンクバンドTitle Fightのカヴァーを披露することもあるようです。
↓↓↓

Good Grief

辺境の地茨城から世界に轟くポップパンクが登場!

Knuckle Puck, State Champs, Act As Oneを彷彿とさせるスケール感とThe Starting LineやThe Ataris等00年代直系のキャッチーなメロディーを日本流に再構築

Hold Out Hope

Easycore/Poppunkの音楽ジャンルをベースに
Vo.Harukaの歌い上げるキャッチーなメロディと
ピアノ、ストリングス、EDM、GAMEMUSIC等の要素も取り入れた多彩なサウンドを武器に秋田県のみならず東北、都心へ活動の拠点を広げている。

1 2