1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

婚活女子の為のお役立ち情報です

deai77egmさん

「結婚」について

「結婚」については皆さん思う所が有ると思います。
彼氏がいるのに、なかなか結婚の話が進まないと嘆いている女性も多い事でしょう。
彼との結婚が進まないカップルの女性は、どうすれば結婚に結びつくのか考える事も多いと思います。
そこでここでは結婚について考えてみたいと思います。
「結婚の年齢が早いと離婚率が上がる」と言う事も言えそうです。
若いと勢いが有りますよね。好きで好きで仕方なく、つい結婚と言う形を取る人もいると思いますが、年齢が若いと言う事は経験値が不足していると言う事、精神的にまだ未熟だと言う事、見極める力が曖昧だと言う事が有って、結婚して直ぐに後悔する事が多い様です。
こうした事から、早すぎる結婚は少し時間を置いて考えてみても良いのかと思うのです。
次に「いつまでもラブラブしてはいられない」と言う事です。
結婚を意識した時、相手の事が好きで好きで仕方なかったり、お互いしか自分にしかいないと思ったり、いつまでも一緒にいたい、ラブラブしていたいと思う事も多いと思いますが、実際の話、そう言った感情は長続きしないと考えられています。
ですからその時の感情だけで結婚をしてしまわない様に気を付けなくてはいけないのです。
また「他人との生活を受け入れる」と言う事です。
同居を始めると、今まで気にならなかった行動が気になる様にもなってきます。
それが許せる範囲であれば良いのですが、一度不快に思ってしまっては大変です。
そうなると色々な事が許せなくなり、結果的に離婚と言う形になる可能性も有ります。
まだまだ結婚の理想と現実について挙げるとキリが有りませんが、結婚をしようと考えた時、こうした現実の話も考えておく必要が有ると思うのです。

「結婚願望」が有る男性を見つけましょう

今の彼とは結婚の話は出ているでしょうか。
意外と結婚の話が進まないと嘆いてる女性は多い様に思えます。
話が進まないのはもしかして彼に結婚願望が無いからなのかもしれません。
でも女性で結婚を考えている場合、無駄な恋愛はしないで結婚に結びつく人とお付き合いしたいと考える人も多いですよね。
そんな場合、結婚願望が有る男性を見つけてみると言うのはいかがでしょうか。

気になる男性がいる場合や彼がいる場合、彼の年齢を気にしてみましょう。
30歳?40歳代位の年齢であれば、少なからず自分の親に孫の顔を見せたいと考える男性もいると思います。
こうした年齢によって結婚願望が出て来る、出てこないと言うのも有るみたいですよ。
次に彼の子供を見る目を観察してみましょう。
デートをしている時等、一緒に出掛けている時、子供が近くにいると言う事は多々ある状況です。
その時、彼の子供を見る目をチェックしてみましょう。
何となく嬉しそうな、優しそうな笑みを浮かべて見ている場合は、子供が好きという事に繋がりますので、結婚願望が少しは有ると考えても良い様に思えます。
次に彼が今仕事の転機を迎えている場合は結婚願望が芽生えるチャンスの時期になる場合が有ります。
転勤や転職、独立と言ったタイミングの場合、彼自身の環境が変わるタイミングでも有ります。
そんな時支えてくれる人が欲しくなり、結婚願望が芽生えると言う事も珍しくありません。
同じ年齢でも今日結婚願望が無いのに、明日結婚願望が芽生えると言う事も有りますので、タイミングを見失わない様に日々目を光らせてみるのも良いと思いますよ。

結婚願望が有る男性と家庭向きの男性

結婚願望が有る男性と、家庭向きの男性、どちらが結婚自体が幸せになると思いますか。

彼と結婚話がなかなか進まないと思っている方、今結婚話が進まないのであれば、彼が結婚願望が有るのか、家庭向きの男性なのか、見極めていく方が良いと思います。
一番良いのは結婚願望が有り、家庭向きの男性と言うのがベストだと思うのですが、なかなかそうはいかないですよね。
結婚願望が有る男性は結婚をしたいのですから、結婚自体が進む可能性は高いと思います。
もしかしたらお付き合いをして最初の内に「結婚」と言う言葉を出す事も有ると思います。
そうなると彼女としても嬉しくなり、ついOKを出してしまいますよね。
でも少し待ってください。
彼が家庭向きの男性かどうかを見極める事もとても大切なのです。
彼が結婚に対してどの様なイメージを持っているのか、少し確認してみて下さい。
一家の主として仕事に邁進し、奥さんには家庭を守ってもらいたいと言う方もいるでしょう。
それはそれでいいのですが、彼が奥さんに対してどの態度を取りやすいのかと言うのを見極める必要が有ります。
相手の事を気遣ってくれる様な男性、子供やお年寄りに対して優しい男性、家事を手伝ってくれたり、何をするにも協力してくれたり、話し合いをしてくれたりする男性は家庭向きと言って良いかもしれません。
そうした場合、結婚後も幸せにいつでも協力し合っていけるような感じがします。
結婚は結婚をする事だけがゴールではありません。
その為、結婚願望が有る男性だけではなく、家庭向きの男性であるかもきちんと見極められると良いと思うのです。

「結婚願望」が有る男性の主な行動

女性の方からなかなか結婚の話を彼に言い出しにくいですよね。
でも彼からの話を待っていてはいつまでも話が進まないと言う事にもなりかねません。
しかし男性側からしてみてもなかなか結婚の話を言い出しにくく、結果的に話が進まないと言う事になっていた可能性もあります。
男性が結婚願望が有る場合、意識して結婚に結びつく行動をしている事が有ります。
そのサインを女性側は見逃さない様にし、結婚に結び付けていきたいですよね。

【将来の話をしたがる】
結婚を考えている男性の場合、女性と話している時に自然と将来の話をしてくる様になります。
将来、何人くらい子供が欲しい?とか一生働きたい?とか、結構具体的に将来プランを確認してくる様になります。

【親兄弟・友人・知人への紹介】
お付き合いをしていると、どうしてもお互いの家族の話が出て来る様になると思います。
結婚を意識している男性は自分の家族の話や、仕事の話、友人の話をする様になり、自分の彼女を紹介したがる様になります。
自分のテリトリーに女性を入れる様になってくると思うのです。

【結婚話をはぐらかさない】
女性の友達が結婚した、友人にに子供が出来た等、女性は男性に結婚に関する話題を振る事が有ります。
この時、ちゃんと話を聞いてくれたり、感想を言ったりしてくれる男性は結婚願望が有るとみなしても良いと思います。
逆に結婚願望が無い男性はこの手の話題は避けたがりますので、注意してチェックしておくと良いでしょう。

あなたは一人で生きていけるでしょうか

「一生独身で生きる」と覚悟を決めてみたとしても、実際に一人で生きて行けるかどうかは分かりませんよね。
彼氏はいても結婚話は進まない、彼氏はいないので独身で生きていくしかない、結婚話が進まないというよりは、結婚自体をする気が無いと言う方等、色々いると思います。
性格的に、独身で生きていけるのかどうなのか、ちょっとしたテストをしてみてはいかがでしょうか。

・一人で外食をしに行ける
・一人行動が苦にならない
・一人でいても寂しさを感じない
・趣味がある
・恋愛体質と言う事ではない
・誰かに依存したいと思わない
・マイペースに行動できる
・束縛されるのが苦手
・会話を暫くしていなくても寂しさを感じない

上記の簡単なチェックをしてみて、どの位自分が該当するか数えておきましょう。
当てはまる項目が多ければ多い程、1人で生きていける可能性が高い人という事になります。
また当てはまる項目が多い人は、精神面と言う面でもかなり強い人であると思います。
1人で生きていくと言うのは思った以上に大変な事だと思います。
上記に挙げたテストで該当する項目が多いからと言って、必ずしも一人で生きて行けるのかと言ったらそうでは有りませんが、一人で生きて行こうと決める目安にはなるのではないでしょうか。
一人で生きていくと言う事は友達付き合いもしないと言う事では有りませんので、孤独に過ごしていくと言う事では有りません。
自分に合う様な生き方を見つけていってみてはいかがでしょうか。

「結婚願望」が強い女性とは

よく「婚期が遠のく人は結婚願望が強い人が多い」と言われます。
結婚したいのに結婚出来ないって悲しいですよね。
これでは彼と結婚話をしたとしてもなかなか進まないと思うのです。
彼との結婚話が進まない状態を脱する為に、自分が結婚願望が強いのかどうか見極めてみると良いでしょう。

【友達や趣味が少ない】
友達と遊ぶ事もなく、好きな趣味もなく、となると日々「楽しい」と思える事が少ない様な気がします。
そうなると「つまらない人生だな」と考える様になり、「結婚すれば幸せになるかな」と考える様になる傾向に有ります。
そうなると結婚したいオーラが全開に出て来る様になりますが、彼からしてみたら毎日つまらなそうな女性と結婚したいと感じるかどうかは疑問ですよね。
男性だって毎日楽しそうに充実している女性に魅力を感じると思うのです。

【専業主婦になりたい】
仕事はつまらないし、やる気も湧かない、結婚すれば家事はするけれども旦那の稼ぎで生活が出来て楽しいかもしれないと思う女性も多いかもしれません。
男性側からしてみても昔とは違って、女性を自分が養うと言うよりは一緒に働いて家計を潤おしていこうと考える傾向に有る為、専業主婦になりたいと言う女性は敬遠されがちだと思うのです。

【彼に依存している】
常に彼がいないとダメ、1人で週末を過ごせない、誰か常に私を見ていて欲しい等、恋愛や彼に依存している人も結婚願望が強い傾向になります。
結婚をすれば別れる心配も無い為、将来的に寂しくないと考えるのかもしれません。
男性側からしてみたらそう言った考えの女性は重いですよね。

他にも結婚に対する理想が高すぎたり、結婚結婚と結婚の事しか考えていなかったり、結婚願望が強い傾向にある人は多くいると思います。
結婚願望が有るのは良い事ですが、多すぎると男性側が逆に引いてしまう場合が有る為、気を付けた方が良いでしょう。

男性が結婚したがらない理由

お付き合いしている彼と結婚の話をすると進まない…
進まないどころか結婚の話自体を避ける様になる。
そうなると「私の事嫌いなのかな?」と不安になる女性の方は多いと思います。
実際の所、男性の中では結婚をしたがらない人と言うのは意外に多くいる物だと思うのです。
先ずは結婚に対する意識が男性と女性では違うと思います。
女性の方は出産に対するタイムリミットが有ったり、周りが結婚をして焦ったりと、適齢期になると結婚をしたいと思う人が多い中、男性側はそうしたタイムリミットや焦りが無いので基本的には女性よりも結婚に対する意識が低いと言わざるを得ません。

でも男性が結婚をしたがらない理由はこうした理由からだけでは有りません。
ではここで男性が結婚をしたがらない主な理由を挙げてみたいと思います。
あなたの彼がこれに当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

・結婚と恋愛を別と考えている
・結婚をして自分にメリットが有るとは思えないと考えている
・今の収入では結婚して養っていく自信がないと考えている
・同棲経験があるが、あまり良い思い出が無く結婚に踏み切れないと考えている
・離婚経験があり、再婚に対してとても慎重になっている
・そもそも女性自体に興味がない
・自分の自由な時間を奪われたくない
・自分の稼いだお金を使われたくない

等、考え方には個人差がありますが、主にこうした理由が挙げられると思います。
先の事はしてみなくては分かりません。
でも結婚をしてしまってから失敗したと分かるのも嫌ですよね。
こうした先に対する不安が有るのは男性も女性も一緒だと思います。
彼がこうした考え方をしている様であれば、実際に結婚自体が進まないと言う事もお分かりいただけますよね。

「結婚」になかなか進めない理由

自分は結婚をしたくて仕方が無いのに、彼からは結婚の話が進まないどころか、結婚の「け」の字も出してもらえないと言う方は結構多い様に思えます。
結婚話が進まないという以前に、何故結婚になかなか進めないのかその理由を見つめていきましょう。

【直ぐに両親の話を出す】
結婚の話が出てこないと「私と結婚する気が有るのかな?」と不安に感じる人も多いと思います。
そんな時、その不安を解消する為に「うちの親がね」とか「うちの両親に会わない?」とかつい言ってしまいがちです。
そうなると彼の方も急かされてプレッシャーになり、結婚に対して更に消極的になってしまう様になる場合が多い様です。

【束縛をし過ぎる】
結婚を焦るばかりに、彼が自分と会ってない時間の事に対して束縛や嫉妬と言う形で出してしまう女性も多い様に思えます。
その状態が度を超す様になってしまうと、彼としては重くなったり、うざったくなったりして結婚する気持ち自体、消滅してしまう可能性が出てきてしまうので注意が必要です。
【自己中心的な考え】
結婚をしたいが為に、相手の事を考えずにとにかく「結婚」と言う言葉に執着してしまう方も多い様に思えます。
「彼と一緒に幸せになりたい」「彼を幸せにしてあげたい」と言う考えではなく、「結婚して幸せになりたい」と言う考えになってしまい、自分だけの幸せを求めてしまいがちになります。
結婚はお互いに協力し合って成り立つ物ですので、こうした考えだと彼の方も結婚後一緒に生活が出来ないと判断し、結婚に繋がらない可能性も高くなってくる様に思えます。

結婚に対する価値観の違い

今まで全く違った環境で育ってきた二人が結婚をして生活を共にする訳ですから、当然生活に関する考え方、生活スタイルは違うと思います。
一緒に生活をしてきた家族でさえ価値観が違う場合も有るのですから、他人となら尚更違ってくると思います。
そんな時、結婚をしている状態であればお互いに話し合って、お互いの意見に耳を傾けて、時には譲り合って生活を進めていかなくていけないと思うのです。
結婚生活において、この話し合いや譲り合いこそが大切な事だと思います。
但し、自分自身には相手に対して譲り合いや歩み寄りをしようと思っても、相手が実際に協力をしてくれなくては話が進まないと思います。
彼が結婚をしてくれない、話が進まないと嘆いている彼女の方は、先ずはこうした歩み寄り姿勢が彼にあるか確認してみると良いでしょう。
実際、今現在夫婦で生活している多くの方がこの価値観のずれや常識のずれで悩んでいる事と思います。
こうした話し合いを経て新しい夫婦ならではの生活スタイルを見つけて行く事がとても大切なのです。
但し自分が絶対に譲れない物、大切な物は相手に対してきちんと話しておく事も大切です。
話さないまま相手の意見を受け入れてしまうと、後々ストレスが溜まってきて取り返しがつかない様になってしまいます。
またどんなに話し合っても妥協し合えない、妥協する気が無いと言う事になる可能性も大いにあります。
こうした場合は結婚生活自体が継続が難しくなってくると思うのです。
こうなる前に結婚前からよく話し合う事、お互いの事を思いやる事がとても大切になります。

婚活の基本の「結婚相談所」

婚活と言うと「お見合いパーティー」と言う言葉が出てくる事が多いですが、昔から婚活の基本としては「結婚相談所」が有った様に思えます。
元々結婚相談所は今の様に気軽にというよりは、真剣に結婚をしたいと思っている方、親御さんが子供の為に結婚相手を探しに行くと言う方と言う様に、結婚に対して真剣さが今とはグッと違うと思います。
結婚相談所の歴史も最近になってくると、システムを駆使し、お互いの条件を登録して合致した人をコンピューターが割り出して紹介すると言う形に進化してきています。
新しさや古さは有るとしても、結婚相談所に対する考え方は昔から変わっていない様に思えます。
彼と結婚話がなかなか進まない方も、結婚相談所に登録して彼とは別の結婚相手を見つけたと言う方も中にはいる様です。
結婚相談所のメリットは、結婚相談所でお相手の方とカップルになると、結婚に結びつきやすいと言う事が挙げられると思います。
元々結婚をしたいと思って登録している方達なのですから、話が進まないと言う事にはなかなかならないのではないかと思うのです。
デメリットとしては、結婚相談所への登録料などが高額だと言う事が挙げられます。
お金は安い方が良いですが、安全面などを考えると仕方がない金額なのかなと言う様な感じもします。
今は婚活ブームが有り、お見合いパーティーが簡単に行われたり、出会い系サイトが有ったりとなっている為、結婚相談所よりは気軽に出来る様になっています。
結婚相談所自体は今でも有りますし、利用者も大勢いると思いますが、その形は年々進化していっている様です。

「婚活」について

「婚活」と言う言葉がすっかり定着している様な感じがしますが、「婚活」とは「結婚活動」の事を指している言葉です。
この言葉を知らないと言う人も今はあまりいないのではないでしょうか。
今彼がいる人でも、彼と結婚話が進まないと言って、恋愛の他に婚活をしている方も結構いる様です。
この「婚活」の意味はかなり広い意味合いを指しています。
通常、婚活と言うと「お見合いパーティー」で知り合って、結婚に結びつくと言う事をイメージしていると思いますが、それだけでは有りません。
結婚に結びつける為に、「料理教室へ通う」「ジムに行ってダイエットする」「貯金をする」「資金運用をする」「エステに通う」「資格を取る」と言う様な事も婚活の一部と言えるみたいです。
こうした活動で自分を磨いていき、結婚に役立たせていこうと言う感じですね。
しかし自分磨きだけではなかなか結婚自体は先に進まない感じになります。
ですから、こうした活動をした上で「お見合いパーティー」の様な場に出向き、出会いを求めていくと言う流れが本来の婚活の流れではないかと思うのです。
もちろん自分磨きをしている最中に知り合った男性と結婚まで話が進むと言う場合も有ると思います。
つまり今彼氏がいない人が結婚をしようと思ったら、外に出て活動をし、出会いの場を広げていくと言う事だと思うのです。
そうした中で、いつか運命の方と出会えれば婚活が実ると言う事になります。
婚活は結婚をしたいと思っている男性と出会う事、男性と出会える場所に出向く事、その為に努力をする事、こうした事を指しているのではないかと思うのです。

「恋活」について

近年、「婚活」と言う言葉が定着していて、知っている方も多いと思いますが、最近は「恋活」と言う言葉も出てきていると言う事を知っているでしょうか。

「婚活」は結婚相手を探すと言う活動に対して、「恋活」は恋人を探す為の活動の事を指しています。
イメージとしては「婚活」は結婚を主に考えた女性、30代以降の女性が中心で、結婚に対して真剣に取り組んでいるというイメージが有ります。
対して「恋活」はまだ結婚を考えていない比較的若い世代、20代の女性が中心で行われているイメージが有ります。
恋活と婚活にはこうした違いが有る様です。
最近は恋愛をしている割合が昔に比べて低くなっている傾向に有る様です。
いざ恋愛をしたいなと思っても、どうしていいかが分からないと言う方も結構多い様に思えます。
通常は彼、彼女がお付き合いをして、その延長上に結婚が有ってと言うのが有ったと思うのですが、今はお付き合いをする前の段階で話が進まないと言う場合が多い様です。
結婚相手を探すにしても、恋人を探すにしても、話が進まないとなると挫折したくなりますよね。
恋活ではお見合いパーティーやイベント、合コンと言った婚活と同じ様なイベントが有ります。
こうしたサービスを利用し、そのサービスに手助けされる形で恋人を探すと言う事も結構増えているのです。
恋活と婚活、今の自分の状況を見て判断をし、自分に合った方法で活動をしていくと良いでしょう。
恋活で彼氏を見つけ、そこから結婚まで話が発展すると言う事も少なくないと思いますよ。

独身生活を送ると言う事【貯蓄】

今現在彼氏がいても結婚話が進まないと思っている方もいます。
また結婚話が進まないどころか、彼氏もいなくてこの先一生独身なのかと不安になる方もいます。
近年、一生独身でいる方の数は年を追うごとに増えてきている言われています。
単純に相手が見つからないと言う方、彼氏はいたがその彼氏との間にトラブルが有って結婚をしたくないと思っている方等、独身でいようと思う理由は様々です。
そこでここでは独身生活を送っていくと決心した方が、しておいた方が良いと思う事を挙げてみたいと思います。

【貯蓄】
やっぱり女性が一生一人で生活をしていくとなると、どうしても貯蓄が必要になってきます。
通常、結婚をすれば共働きであっても旦那さんの給料も入りますし、子供や孫が出来るとそれなりに援助をしてもらえると言う事も有ると思います。
しかし1人となるとその可能性も無くなってしまう為、どうしても老後に必要なお金と言うのを用意しておかなくてはいけなくなってきます。
今の時代、年金もそんなにあてには出来ないと言う事も有り、若い内から老後に困らない様に貯金や運用をしていくと言う事が必要になってきます。
もちろん、老後でも仕事をしてそのお給料だけで生きていけると言うならばいいのですが、やはり体力勝負や定年などが有るとそういう訳にもいかなくなってきます。
こうした事から、一生一人で生きていくと決めた場合は、先ずお金を大事に貯めて行く事が大切だと思うのです。

「結婚」のメリット

周りの友人、知人が結婚していくと、自分だけ何で何も進まないのだろうと不安に思う人が増えると思います。
彼氏がいても結婚話が進まないと悩んでて、「このままで良いのかな?」と悩んだりするかもしれません。
そもそも結婚とは人生を共にするパートナーを得る事だと思うのです。
単に結婚したいだけでは話が進まないと思います。
結婚にはメリット・デメリットが有ります。
そこでここでは結婚のメリットについて挙げてみたいと思います。

結婚とはお互いに支え合い、これからの人生を共に歩いていくと言う安心感が有ると言うメリットが有ります。
これは彼氏、彼女の立場ではなかなか感じられないメリットかもしれませんね。
次に「家庭」ができ、子供や義理の両親と言った家族が増えていくと言う喜びを感じられるメリットが有ります。
こうした精神的なメリットが多いのが結婚ですが、現実的なメリットもあります。
一緒に生活をする事で、家賃、光熱費、食費等が節約でき、経済的な生活が送れると言うメリットが有ります。
また国の制度から、様々な補助を受ける事が出来ると言うメリットが有ります。
この様に、金銭面でのメリットも多いと思います。
結婚をする事で、これから先の人生の辛い事、嬉しい事をお互い共有できる相手がいると言うのは、何物にも代えがたい物だと思うのです。
結婚について、自分のメリットだけではなく、結婚して相手と一緒に感じられるメリットと言う事を考えてみると良いかもしれませんね。

「結婚」のデメリット

今現在、お付き合いしている彼氏がいて、結婚話がなかなか進まないと思っている方、どうして結婚をしたいと思っているのでしょうか。
結婚に夢を持っているのかもしれませんね。
結婚は良い事ばかりでは有りません。
メリットが有る反面、当然デメリットも有るのです。
そうした結婚に対するデメリットを踏まえた上で、彼氏との結婚話が進まないとか、進めるとか行動を決めていくと良いと思います。

先ずは「結婚をすると自由な時間が減る」と言うデメリットが有ります。
自分一人の時間が欲しいと思っても、相手と一緒に生活をしているとそれもなかなか難しいかもしれませんよね。
そう言う時間的な使い方のデメリットが挙げられると思います。
次に「生活をしていく上でのストレス」が挙げられます。
今まで自分がしてきた生活リズムと、相手の生活リズム、また生活をする上での自分なりのルールなど、相手と必ずしも一致する訳では有りません。
お互いの事を尊重していくと、自分が我慢をしてストレスを感じる事が出て来ると言うデメリットも有ります。
次に「親戚関係が面倒」と言うデメリットが有ります。
結婚をすると知らない人と家族や親戚になります。
その上で今まで感じなかったしがらみ等が出てきやすくなると言うデメリットも有ります。

この様に結婚するまでは見る事が出来なかったデメリットが出て来る様になりますので、事前に把握だけはしておくと、心構えが出来るのではないでしょうか。

1 2