1. まとめトップ

Twitterで見かけた初耳なポケモンのトリビア・雑学

ポケモンGOは海外でも大人気。最近、3世代(ルビーサファイアORAS)の追加、伝説ポケモンではグラードンが解禁。ポケモンUSUMの発売により、ポケモンのネット対戦であるレーティングバトルが解禁。新Z技により新環境でのバトルが白熱。USUMの都市伝説を紹介。シオンタウンやもりのようかんの都市伝説も。

更新日: 2018年01月15日

5 お気に入り 19008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サンムーンの新しい雑学を披露

SekaAiさん

諸君、よくぞ来てくれた。
オーキド博士のポケモントリビアの時間じゃぞ!

目次じゃ

1. ポケモンに関する世界事情
2.ポケモンには、怖い都市伝説が存在する
3.新作『ウルトラサンムーン』の初耳なポケモントリビア

Twitterで見かけた初耳なポケモンのトリビアを見たくて来たものたちは、1と2を飛ばしても大丈夫じゃぞ!

それじゃあ、わしは失礼するかのぉ

今、ポケモンは、共通言語です。

日本時刻2016年7月。ポケモンGOのリリースによって、日本中にポケモンブームが巻き起こりました。もちろん、海外でも負けていなかったということですね。

ポケットモンスターじゃ通じない!?

ポケットモンスターは、子どもから大人まで幅広い層から人気の日本アニメです。
ですが、ポケットモンスターでは、海外の人に通じません。
なぜならば、アメリカでは『Monster_in_My_Pocket』という商標が既にあり、これと混在しないために、世界共通の名前を『Pokémon』にしたからです。

ポケットモンスターシリーズは、ネット対戦のゲーム実況動画がYouTuberによって上げられています。

実は、ポケモンのネット対戦。世界中の人々が参加してるんです。つまり、世界一のポケモントレーナーを決める世界大会ってこと。興味持ちましたか。

ちなみに、日本ではシングルバトル、海外ではダブルバトルが人気です。

ポケットモンスターシリーズは、数多くの怖い都市伝説が噂されていることでも有名です。

#こどものころ怖かったもの ポケモンの「もりのようかん」と「シオンタウン」 もりのようかんは建物自体かな? シオンタウンはポケモンタワーとBGM。 シオンタウンのBGMは当時は怖かったから自転車を出して音を消したりしたな〜… twitter.com/i/web/status/8…

特に、『シオンタウン』と『もりのようかん』のBGMは、多くの子どもたちにとって、恐ろしいものであったでしょう。

もっとも恐ろしいのは、初代ポケモン赤緑版の原曲です。まずは、ピアノで耳を慣らしましょう。自信がある人は、原曲をどうぞ↓

ある時間帯に『もりのようかん』に行くと、
『禿げたじいさん』と『幼い女の子』の幽霊に遭遇します。

シンオウ地方の森の洋館のモデルは北海道に実在する心霊スポット pic.twitter.com/U6NEH9jzpw

ちなみに、シオンタウンは実在しない心霊スポットです。

ポケットモンスターシリーズでは、多くの都市伝説が世界中で話題となりました。

ポケットモンスターシリーズ最新作『ウルトラサンムーン』でも、話題のトリビアが続々登場!!

目次

1.Twitterで今話題の新ポケモン『ミミッキュ』の雑学・トリビア

2.ウルトラサンムーンであらわれた『サイコパス』の大人たち

かわいい容姿をしていながら、ポケモンのネット大戦での使用ポケモンランキング1位に!!

可愛いだけじゃない、強いだけじゃない。
今、話題のミミッキュを調査しました。

ミミッキュ

サンムーンから、ゴースト/フェアリータイプのピカチュウに似たポケモンが登場

実は、ピカチュウのような着ぐるみは本体じゃない!?
『化けの皮』の中に、本体がいるようです。

ポケモンウルトラサンムーンのネット対戦である『レーティングバトル(シングルバトルの部)』では、使用ポケモンランキングでは、強ポケ『バシャーモ』や『リザードン』を差し置いて見事1位に輝きました。

因縁のライバルがラップバトルで対決

世界初!? ポケモンのガチラップバトル! 因縁のライバル・ピカチュウとミミッキュがフリースタイルでスキルを競う! 「ピカチュウ vs ミミッキュ フリースタイルバトル」公開! #ポケモン #ピカチュウ #ミミッキュtwitter.com/i/web/status/9…

ホンモノを決めるたたかいを繰り広げました。

1 2

関連まとめ