1. まとめトップ

2018年モデルも!ストリートファイターの頂点!新型Kawasaki Z1000解説(更新)

こんにちは。今日は新型Kawasaki Z1000の解説をします。

更新日: 2017年12月17日

0 お気に入り 8682 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バイクに乗るとストレスがなくなりますよね。

Kawasaki Z1000とは?

Z1000は2017年に発売された大型ストリートファイターです。近未来な外観から待望の眼差しを浴びています。

まず初めに「ストリートファイター」とは?

ストリートファイターの位置付けはネイキッドとスポーツの間にあります。スポーツ型のバイクのカウルを剥がし、攻撃的なフォルムに仕上げられたバイクを指します。

ヨーロッパで発祥し、現在世界中でブームとなっています。

Z1000の外装紹介

今回のZ1000は現在の技術を駆使した外装になっています。今までならこのサイズのライトを作れませんでした。またさまざまなカラーが用意されています。

メーターはデジタルの見やすいメーターになっています。またギアポジションインジゲーターやシフトアップインジゲーターも搭載されました。

Z1000のスペックは?

新型Z1000の注目は1000ccの四気筒エンジンでしょう。その排気量から繰り出されるパワーと爽快感はKawasakiホームページで「sugomi」と称されています。

新設計されたZ1000専用フレーム

Z1000では完全新設計のアルミニウムツインチューブフレームが採用され、エンジン上部にメインフレームが通る事で唯一のニーグリップが味わえます。

ファットバーハンドル

今回のZ1000では従来の同クラスではなかったファットバーハンドルが採用されました。
センター部がΦ28.6mmとなり、剛質感と幅広のハンドルで威圧感を増しました。

アシストアンドスリッパークラッチ搭載

急激なシフトダウン時に発生した大きいエンジンブレーキを和らげ、減速時の挙動が安定します。そんな最新技術も搭載しています。

気になる値段は?

最新の技術が詰め込まれたZ1000ですが、値段は1,150,200円となっています。これだけのスペックを持つバイクなのでコストパフォーマンスが高いです。

2018年モデルは?

来年発売予定のZ1000では新しいカラーの「Z1000 ABS R Edition」ですが変更点はカラーリングとLEDウインカー、ブレンボ製ブレーキ標準装備、オーリンズ製サスペンションとその他様々です。
とても楽しみですね。

1