1. まとめトップ

極寒でも足元をあたたかく守る。デザインも素敵な『防寒ブーツ』❻選

機能的でありながらデザインもいい防寒ブーツです

更新日: 2017年12月18日

8 お気に入り 8642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

極寒でも足元をあたたかく守る。頼れる『防寒ブーツ』❻選

jetwskyさん

機能的でありながらデザインもいい防寒ブーツです

■『ミッキーマウス ブーツ』■

その形状から通称ミッキーマウスブーツと呼ばれる米海軍の甲板用防水ラバーブーツです。

マイナス10度以下の極寒地で着用されるもので、サイドの空気孔が付いている珍しいタイプのブーツです。

重厚な構造ですが、履いてみると履き心地よいのも特徴です。
寒冷地や雪国へお出かけの方へぜひお勧めしたいアイテムです。

白は冬場に足が靴を履いたように白くなるウサギからバニーブーツとも呼ばれる。寒冷環境下屋外行動用の極厚ゴム長靴、フェルトとウールの保温材を2層のラバーで挟んでいる。非常に分厚い作りでソールも極厚のゴム。朝鮮戦争中に米海軍で厳冬期甲板作業用に採用されたが、その後全軍に配備された。黒がタイプ1で-28.9°Cまで対応、白がタイプ2で-53.8°Cまで対応する。タイプ1の左右で約2.8kgと重量級。急激な気圧変化で保温構造が裂けないよう圧力解放用バルブが付いたフライト対応モデルもある。

■『ムーンスター』■

ムーンスター「MADE IN KURUME」(福岡県久留米市産)のヴァルカナイズ製法による国産ブーツです。

1958年に南極観測隊へ提供した特殊防寒靴を機に発展したウインターブーツ製造のノウハウが活かされています。

防寒性に優れたインナーソックスは着脱できる作りになっています。ラバー仕様のボトム部分は完全防水です。

■『ソレル』■

◎カリブー◎

暖かくてインナーも交換できて、はもちろんのこと、何年も履いてくたびれて来てても、手を使わずに上からスポッと足を入れて履けるカリブーは、北国の冬に無くてはならない必需品です。

◎アンケニー◎

1 2