1. まとめトップ

朝起きられない・・・超簡単な目を覚めす方法

朝起きられない人は是非試してみてください!どのサイトにも書いてない方法もありますので参考にしてください。

更新日: 2017年12月18日

3 お気に入り 1989 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

朝起きる方法をいくつかまともました。自分に合う方法があると思うので是非とも試してみてください。

水を飲む

夜の間にたくさんの水分が失われる。脱水症状は、軽いものでも、眠気や体のだるさのような結果を引き起こす可能性がある。起きたら、朝食のためにテーブルに着く前に、コップ1杯の水を飲むといい。

朝一番に水を飲むと、内臓が活性化し、身体の中から目覚められます。睡眠中は汗をかいて水分不足の状態になりがちなので、身体への水分補給も兼ねて、目覚めたらまずグラス1杯の水を飲みましょう。

呼吸法を使う

オックスフォード大学のある研究の検証によると、プラーナーヤーマ、もしくは呼吸と精神のリズムのコントロールは、「肉体的・精神的エネルギーを知覚することで著しい気持ちを引き立たせる効果がある」。

(1)3秒間かけてゆっくりと鼻から息を吸い、空気でお腹がふくらむのを意識する
(2)3秒間かけて口からゆっくり息を吐く
(3)3秒間息を止める
(1)~(3)を3分ほど繰り返す

鼻から深く息を吸い、お腹を満たし、胸を膨らませ、基本的には完全に体を空気でいっぱいにすることを目指す。吸い終わると、ゆっくりと完全に息を吐き出す。実践するうえでは、上部、中部、腹部の呼吸は同時に、中断することなく行われなければならない。

寝起きに正座をする

正しい正座をしましょう!詳しくは下のリンクを参考に!

起きているとき、心臓は脳に血液を送るためしっかりポンプを働かせています。反対に寝ているときというのは、体を横にしていますから、心臓がそこまで頑張らなくても脳へ送る血液量を一定に保てます。また寝ているときは筋肉は動いていませんから、起きているときほど毛細血管にも多くの血液量は流れなくなっています。そのため、起きて間もない朝は、筋肉がこわばっていて血流も不足ぎみ。そこから少しずつ体を動かしているうちに、筋肉が目覚めて血流も良くなっていき、脳にも血液が運ばれるようになるのです。低血圧の人というのは、この心臓から脳に血液を送り出す力が弱い、ということなんですね。

つまり正座により血流が良くなり、体が起きるようになります!

首をあたためる

首には、自律神経をはじめ多くの神経が通っています。首の後ろ側をホットタオルで温めると、副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなるためスムーズに眠りにつくことができます。

ガムをかむ

ガムも顎をよく動かす為、血流を良くし頭を活性化させます。
ミント系であれば目もすっきりしてくるでしょう。
しかし注意!ミント系のものは食べ過ぎると下痢になります。
食べ過ぎには注意しましょう。

朝ごはんを食べる余裕がない人は、通勤電車の中で朝ガムがおススメです。最低5分、200回を目安に噛んでください。噛めば噛むほど脳血流が増加し、すっきりします。スッーとするミント系のガムを選ぶと、より脳の活性を促します。

1