1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

どれ観よう…1月発売される注目の映画Blu-ray&DVD【2018年】

2018年1月は注目の新作映画Blu-ray&DVDが多数発売されます。

更新日: 2018年02月03日

14 お気に入り 14950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼1月6日

監督:マーレン・アデ

出演: ペーター・ジモニシェック, ザンドラ・ヒュラー

正反対な父娘の関係をユーモアを交えて描くヒューマンドラマ。ヴィンフリートは娘・イネスとの関係が上手くいかず、会っても仕事の電話ばかりの彼女を心配していた。そこで彼は、別人「トニ・エルドマン」となってイネスの下に現れるようになり…。

ユーモラスなタッチ、父と娘がこれまでの関係を見つめ直す姿に魅せられる。

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』どうしようもない迷惑オヤジ(苦笑)でも、オヤジさんが娘のいる場所いる場所に出没する気持ちはすぐに理解できた。キャリアウーマンの娘の働き方があまりにも…ムチャクチャなコミカル作品の中で父が娘に送る愛情の深さを感じる作品でした。

▼1月10日

監督:リドリー・スコット

出演:マイケル・ファスベンダー, キャサリン・ウォーターストン, ビリー・クラダップ, ダニー・マクブライド, デミアン・ビチル

リドリー・スコット監督が自身の傑作SF「エイリアン」の前日譚を描いた「プロメテウス」の続編。

人類初の宇宙移住計画により、2000人の入植者を乗せて宇宙船コヴェナント号は新たな植民地となる惑星オリガエ―6を目指していた。

やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。

今日エイリアン コヴェナント(映画) 観てきました 怖いしグロいしキモいしビビるしエグいしラスト衝撃だしやばいしやばかったです(語彙力) 心臓の強い人おすすめです

監督:アスガー・ファルハディ

出演:シャハブ・ホセイニ, タラネ・アリドゥスティ, ババク・カリミ

教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している。ある日、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。

警察へ通報しようとしない妻に業を煮やした夫は、独自に犯人を探し始めるが……。

復讐心に囚われたエマッドが“犯人"と対峙するクライマックスは、怒りや不安、悔恨の情がドラマティックに錯綜し、圧倒的な緊張感で描かれる“感情のスペクタクル"と呼ぶのにふさわしい。

今日の映画「セールスマン」 ラナはエマッドがだんだんラナのためにではなく、自分のプライドやエゴを満たすためだけに犯人捜しをするようになったことに気づいたから気持ちが離れたのだと思う。マジッドの義父のことは関係ない。アスガー・ファルハディのいつもながら素晴らしい心理劇だった。

▼1月12日

監督:ベン・ヤンガー

出演:マイルズ・テラー, アーロン・エッカート, ケイティ・セイガル

自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い、金目当てで近づいてきた人間たちは離れていく。

誰もが再起不能と思う中、トレーナーと二人三脚で王座奪還を目指す姿を映す。

7/22の映画はプロボクシングチャンピオンの実話「ビニー 信じる男」。 交通事故で首を骨折したチャンプが、奇跡のカムバックを果たす物語。こう書くと単純に見えるが、あまりにも壮絶。 ボクシング映画で一番感動したかも。トレーナー(A・エッカート)や父親との関係性の変化に、グッとくる。

▼1月17日

監督:ダグ・リーマン

出演:アーロン・テイラー=ジョンソン, ジョン・シナ

実在のスナイパーをモデルに描くサバイバルアクション。イラクの荒廃した村で戦うアメリカ軍狙撃兵・アイザックとマシューズ。足を撃たれたアイザックは、通信機で救助を呼び掛けるが…。

止まらない脚からの出血、容赦ない日差し、迫り来る喉の渇き…。圧倒的不利な状況で始まった最恐のスナイパーとの頭脳戦(ゲーム)に、己の能力フル回転で挑む!はたしてそこに生きて帰る術はあるのか!?

1 2