1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

恐怖のスペースマウンテン

「スペースマウンテン」には過去

1984年には女性乗車中に意識不明となり、死亡するという事故があり、1986年には部品落下の事故が、1986年には最前列に乗車していた男性が脳溢血で突然死亡してしまったそう。
2000年代に入り、スペースマウンテンにはある噂がささやかれ始めました。

ある女性グループが乗車中、突然機器のトラブルでアトラクションが停止するというトラブルがありました。
数分後、アナウンスが入る。「トラブルの為、一度照明を点灯します。」
一気に明るくなるアトラクション内。そこには無機質な感じのトンネルが現れた。その瞬間。

「キャーーーーー!」

一人の女性が叫んだ。

そして一言、「・・・・天井・・・・」
スペースマウンテンの天井には赤・黒・白のお札がびっしり貼ってあったのだ。
そう、1980年代に多発した事故を懸念したディズニーランドの運営側はスペースマウンテンをお祓いしていたのだ。
其の時に祈祷師が貼ったお札が今でもトンネル内に貼られているのだと言う。

地下にカジノ!?

ディズニーランドの地下には巨大なカジノがあり、裏のゲストがギャンブルを楽しんでいるという都市伝説。
各国の富豪たちが夜な夜なあつまり、東京ディズニーランドの地下でギャンブルに明け暮れているという。

ディズニーランドの地下カジノにはバニーガールならぬミッキーガールがいて、カジノのゲストたちにアルコールを振る舞っているのだそうだ。

東京ディズニーランドの地下には何本か物を搬送する用の通路が通っている事は事実らしいが、地下カジノの有無は謎である。一説によるとクラブ33の噂などが拡大解釈されて、東京ディズニーランドの地下カジノという話に発展してしまったのかもしれない。

この日だけは入園者と退園者がの数が合わない…

東京ディズニーランドでは入園者と退園者の人数を計測している。その人数は通常、一致するはずであるのだが、ある時期だけ人数が一致しないという。その時期とはイッツアスモールワールドの人形を入れ替えるタイミングだという。ディズニーランドには退園しないと誘拐されるという都市伝説も存在

ディズニーランドに鏡がない理由…

ディズニーランドは出来るだけ、現実世界を思いださないように工夫されて作られていると言われている。

そのために日常生活の中には、当たり前のようにあるものも敢えて作らないようにしていることが多々あるようだ。

ディズニーランドの中から外の景色っていうのは、ほとんど見ることが出来ないのはよく知られている。
これはディズニーランドの周りが草に覆われているためなのだ
外の世界、つまり日常の空間っていうのを見ることになると現実世界に戻ってしまうことになるため、それを防いでいるのだ。
ディズニーランドのトイレには鏡が一切ない。

あまり意識して見たという人は案外少ないかもしれないが、これも日常生活に戻らないための工夫であり、トイレで鏡を見てしまうと現実世界に戻ってしまうという都市伝説がある。

また、この鏡はトイレが混雑するのを防いでいるという役目もある。

トイレに鏡があると、そこで化粧直しなどが始まってしまうために混雑することになる。

連日、多くの人が混雑しやすいトイレがますます混雑しては大変だということで敢えて鏡を置かない演出をすることによって混雑するのを防いでいる。

イッツァスモールワールドでの自殺…

これはあるキャストがイッツスモールワールドで働いている時にクビになったのが発端で、そのキャストはイッツスモールワールドの中で自殺をしてしまう。

もちろんこれは大きな問題になったようだが、その事件を収めるという意味もあり新たな人形を置いたようである。

その人形というのがスイスの人形と言われており、見る人が見れば一発で分かるのだそうだ。

また、他には見つけると幸せになる人形というのもあるようだ。

これはピノキオの人形を持っている人形というのがあるようで、なかなか見つけることが出来ないようになっているのだとか。

そのため、それを見つけることが出来れば幸せになるという都市伝説である。

1