1. まとめトップ

電子タバコは害なし・あり?人気だけど注意する点も知っておこう!

IQOSをはじめとする電子タバコが人気ですが、 健康面には害はないのでしょうか?紙巻きタバコよりは害が少ないとされていますが、電子タバコの注意するもご紹介したいと思います。

更新日: 2017年12月19日

2 お気に入り 5140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近良く目にする電子タバコですが、最近の電子タバコの事情に関してまとめてみました。

hidemaru3さん

電子タバコと普通のタバコの違い

副流煙が出ない

周囲に害を及ぼす副流煙の発生がありません。電子タバコの種類にもよりますが、基本的には無煙、もしくは水蒸気の発生のみになります。

タバコは原料である様々な植物を燃焼させています。この過程で発生する有害物質はフィルターで軽減されるものの、やはり量は多いです。

煙を吸うことがないため、体内に発がん性物質のタールが蓄積せず、リキッドによってはニコチンすら入っていません。

電子タバコの害は?

日本では、体に害のあるニコチン入りの電子タバコを販売することは薬事法で禁止されています。

日本で販売されている電子タバコには、有害物質であるニコチンは含まれていません。また、発がん物質といわれるタールも含まれません。ということは、日本製の電子タバコは体に害がないのでしょうか?

結論から言うと、害のないモノを選べば、全く問題ありません

海外の電子タバコは日本とは販売基準が異なる

日本で発売されているものとしても、それが海外からの輸入品であれば十分ニコチン等の有害物質を含んでいることがあるでしょう。

米国では日本より早く電子タバコ(ニコチン入り)が発売され何十億ドルもの市場になり、2016年5月に「18歳未満への販売の禁止」など多くの規制を含む法案が最終提案された。

電子タバコも種類によっては危険?

・食品衛生法で認可されている成分のみ使用
・国内の厳しい食品検査を通過している
・ACアダプタのPSEマークを取得
・ニコチン、タールはゼロ”

これらをクリアしていれば電子タバコは紙巻きタバコより、明らかに害が少ないタバコと言えます

日本で有名な電子タバコIQOSは有害物質が含まれている

アイコス(iQOS)が電子タバコと大きく違う点は、まず、たばこ葉を使っているところです。

棒状の機械に、普通のタバコの半分くらいの長さのアイコス専用の「ヒートスティック」をセットします。そうすると、ヒートスティックの先端の部分が熱せられて、たばこ葉の成分が出てきます。それを吸って楽しむというものなんです。

iQOSはタバコの葉を加熱するするので普通のタバコに比べれば一酸化炭素などの有害物質は削減されていると言われていますが体への健康の害はゼロではありません。

「iQOS」の最大のメリットは、毒性のある副流煙がほとんど発生しないこと。煙のように見えるものは蒸気で、そこには通常のタバコの煙に含まれる有害物質が9割以上も軽減されているという。

燃やさないので紙巻きタバコより有害物質は少ないですがアイコスにも多少含まれています

IQOSを利用してる人の声

葉っぱたばこが急にまずく感じるようになった…アイコス効果。

iQOSの効果がついに現れた! 普通のタバコ吸ったらクソまずく感じた! ただ、それだけww

休憩〜 試供品のタバコ貰って、久々に吸ったらヤニクラしてます。笑 IQOSにして結構効果あったんですね

久しぶりに紙巻きたばこ吸ったんだけど、苦くて口の中が臭いw 密かにアイコス戻りました(´°v°)/んぴッ

非喫煙者からしてもアイコスならまあ許したるって気分になる

1