1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

スピルバーグ作品から池井戸潤原作まで!2018年前半の「社会派映画」5選

2018年前半の「社会派映画」も多彩。オスカー大本命の社会派ドラマ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」をはじめ、韓国の社会派サスペンス「消された女」、アメリカの社会派サスペンス「デトロイト」、韓国の社会派ドラマ「ザ・キング」、池井戸潤原作の社会派人間ドラマ「空飛ぶタイヤ」の5作品。

更新日: 2018年06月15日

17 お気に入り 27790 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

韓国で実際に起こった監禁事件をモチーフにした社会派サスペンス

◆『消された女』(1月20日公開)

路上で突然拉致、精神病院に強制入院 韓国映画『消された女』特報公開 cinra.net/news/20171109-… pic.twitter.com/f8tVWA3ivo

カン・スア(カン・イェウォン)は、通りを歩いていると突然何者かにさらわれ、精神科病院に監禁されてしまう。そこでは強制的な薬物投与やむごたらしい暴力が横行しており、彼女は病院で起きたことを手帳に書くことにする。

1年後、その手帳はテレビプロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)に届けられ、手帳に記された内容に興味を持った彼が、カン・スアに会いに行くと……。

韓国で実際に起こった、法律を悪用した拉致監禁事件をモチーフに描いた社会派サスペンス。

韓国では「保護者2人の同意と精神科専門医1人の診断があれば、患者本人の同意なしに保護入院として強制的に入院させることができる」という精神保健法第24条を悪用し、親族などを精神病院に入院させる事件が頻繁に起こっていたという。

街中で突然拉致され監禁されて暴力に晒され強制薬物投与される韓国映画「消された女」ってなんか物凄くヤバい雰囲気あるな

これ観たいんだよね。 めっちゃ興味ある。 韓国ドラマとかには興味ないけど、仕事柄内容に興味深々。 強制入院 、私は狂ってなどいない…韓国映画『消された女』特報 cinematoday.jp/video/VIY8bJUy… @cinematodayより

女優の役どころが少ないと言われる韓国で、自ら積極的にいろいろな映画に出ている感のあるカン・イェウォンの一本。:映画『消された女』 cinematoday.jp/movie/T0022599

「デトロイト暴動」をテーマに米国の暗部を描く社会派サスペンス

◆『デトロイト』(1月26日公開)

【特報公開】キャスリン・ビグロー監督、映画『デトロイト』暴動で街が戦場と化すなかで起きた“衝撃の事件”を映画化 fashion-press.net/news/33949 pic.twitter.com/Qov8h0OZVy

1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。

デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。

徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで、常に観客を圧倒してきた彼女の手によって、衝撃の一夜が蘇る。

女性初のアカデミー賞監督賞に輝いたキャスリン・ビグロー監督

8月4日に全米公開されるやいなや、メディアがこぞって絶賛。早くもアカデミー賞最有力候補作品のひとつとなっている。

キャスリン・ビグロー監督による社会派サスペンス「デトロイト」longride.jp/detroit/試写を見た。1967年、黒人たちの不満が爆発したデトロイト暴動の最中に起きた白人警官による非道な事件を、ただならぬ緊張感で描… twitter.com/i/web/status/9…

『デトロイト』試写。殺伐と荒れた街、デトロイト。アルジェ・モーテルで起きた殺人事件に迫る衝撃的作品。一夜にして青年の夢は崩され、一生消えることのない傷痕が心と体に刻まれた。銃声一発一発に力が入り、緊張感が走る。この悪夢を繰り返して… twitter.com/i/web/status/9…

「デトロイト」試写。50年経っても変わらないこと。変わったこと。とりあえず「変わったこと」の一つとしては、キャスリン・ビグローが「ハートブルー」から26年でここまできたかと思うといろいろ感慨深い。そして実は思いっきりモータウン映画。観てる最中も観た後も、史上最も心が荒む傑作

韓国現代史を背景に金と権力を求めた検事たちの社会派ドラマ

◆『ザ・キング』(3月10日公開)

けんかに明け暮れる貧しい青年パク・テス(チョ・インソン)は必死に勉強し、晴れて検事となって地方都市に赴任する。

1 2 3