1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なんで上野ばかり…「パンダの報道」に対して不満の声多数

シャンシャンが生まれて大フィーバーとなっている上野動物園ですが、日本には他にもパンダが飼育されている動物園はあります。これに対し「なんで上野ばかり…」と不満の声が上がっているようです。

更新日: 2017年12月20日

34 お気に入り 160714 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考にまとめています。

■上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」の一般公開が始まった

上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの子供、シャンシャン(香香、雌)が19日午前9時45分から、抽選に当選した人を対象に一般公開される。

昨日から公開されました。

速報値で、1397人が観覧に訪れた。公開は午前9時45分から午後0時15分までの2時間半。

上野生まれのパンダの公開は、1988年(昭63)に誕生した雄のユウユウ以来、29年ぶり。

パンダのシャンシャンの公開が始まった十九日、園の中でも外でも、かわいい「プリンセス」の成長をお祝いする温かい雰囲気が広がった

「シャンシャン」と「シンシン」の公開にあたり、パンダ母子の健康と観覧者の混雑に配慮し、平成30年1月末まで抽選方式による観覧を採用している。

このような大フィーバーがあるが、日本には他にもパンダがいる動物園がある

■まずは、国内最多のパンダがいる「アドベンチャーランド」

展示スペースにはガラスがなく、びっくりするほど間近で見られる♡  パンダ好きなら一度は行きたい、繁殖数日本一、5頭のパンダが暮らす唯一のテーマパーク「アドベンチャーワールド」。

季節限定のイベント『ウィンターナイト』の一環として、ジャイアントパンダの夜の暮らしを公開。1月8日まで夜更かしパンダの姿を楽しむことができる。

中に人間が入ってるのでは?って思わせるほどリアルなパンダの日常に、来園者たちのどよめきや、笑い声が絶えない! 足音、息づかいまでが聞こえるほどの至近距離で見られます。

外と中の両方に観察場所があり、屋外では左右に広い広場のどこからでも見ることができるので、土日で混雑していても割と近くで見ることができます。

12月23日から25日にかけてクリスマス特別イベント「パンダファミリーのクリスマス」を開催する。日替わりで5頭にスタッフ手作りの氷のクリスマスケーキなどが贈られる。

■次に、兵庫県神戸にある「王子動物園」(以上、日本には3つのパンダを飼育する動物園があります)

パンダと言えば上野動物園ですが、関西でも見られる動物園があります。それが神戸の王子動物園。

東京・上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの公開を来月に控えて盛り上がりを見せる中、雌パンダ1頭を飼育する神戸市立王子動物園(同市灘区)は雄の貸与を求め中国側への働きかけを強めている。

16日に22歳の誕生日を迎えたタンタンは平成12年に中国の四川省から同園に来た。

当初、研究期間は2000年(平成12年)からの10年間でしたが、今年7月の研究期間満了を前に、この研究期間を5年間延長することが中国側と合意し、6月9日に延長協議書に調印しました。

一般公募で、オスは震災復興の願いから「興興(コウコウ)」、メスは新しい世紀の幕開けという意味で「旦旦(タンタン)」と名付けられました。

■「なんで上野ばかり…」など「上野動物園以外の動物園」に配慮した声が上がっている

1 2