1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

名古屋撃ちから40年…『スペースインベーダー』が盛り上がってる

スペースインベーダーが来年40周年を迎えるということで盛り上がっているようですね。タイトーのゲームがSteam展開されたり、展覧会が開催されたりするようです。

更新日: 2017年12月21日

4 お気に入り 20477 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

どんなゲームがSteam展開されるのかを期待しながら待つのも良いかもしれません。

・スペースインベーダーが来年で40周年を迎える

「スペースインベーダー」の公式サイトにて、インベーダーゲームの40回目の誕生日を祝うためのハッシュタグ「#si40th」が公開されている。

・#si40th でおめでとう!のツイートも

「スペースインベーダー」 当時、初めて地元に入った時の あの「とんでもない」盛り上がり! (スーパーの屋上でした。) ゲームの歴史が変わる瞬間。 あれを体感できた事、 本当に幸せでした♪ スペースインベーダー生誕40周年 本当に、おめでとうございます! #si40th

あの名作が最新機種として登場しました! その名も「スペースインベーダーフレンジー」!! ド迫力の大画面にてプレイ出来ますよ♪40周年おめでとう☆:T #マリノア #si40th pic.twitter.com/qjsrfFazEg

#si40th インベーダー40周年おめでとうございます!当時のブームを知らない新参者ですがこの場を借りてお祝いさせて頂きます。名作をありがとう!!♪ ❤ ⚡️ ⚡️… twitter.com/i/web/status/9…

・スペースインベーダーはこんなゲーム

画面上方から迫り来るインベーダー(敵キャラクター)を移動砲台の自機で撃ち、全滅させることを目的とする。

「敵キャラクターが攻撃を仕掛けてくるゲーム」としては、世界で初めて大ヒットした

アーケード版の発売当時は日本中に一ブームを巻き起こし、ゲームセンターやゲーム喫茶(テーブル型のゲーム筐体を客席テーブル代わりとした喫茶店)がたくさん開店した。

1978年7月。スペースインベーダーはアーケードゲームとして発売されました。アップライト筐体(縦型)とテーブル筐体の2種類。最初は白黒画面でしたが、画面に色セロハンを貼ったもの、カラー化したバージョンも登場しました。… twitter.com/i/web/status/9…

・当時流行った攻略の一つ「名古屋撃ち」

「名古屋打ち」とは、占領の1歩手前(一番下から1段上)の所にいるインベーダーの弾は、自機が当たっても死なないと言うバグ(?)を利用したテクニック

当然、当ゲームは残機に関係なく攻め込まれたら負けというルールのため、リスクの大きい戦法

的確な射撃及び移動が不可欠であるが、安定したUFO破壊による高得点が期待できる戦法だった。

・今タイトーのアプリがセール中

「たけしの挑戦状」などアプリ11タイトルが最大80%オフ!「タイトーホリデーセール」が本日スタート gamer.ne.jp/news/201712150… pic.twitter.com/a1FlQVFRCJ

2017年12月15日(金)から2018年1月15日(月)まで、対象となるスマートフォン向けアプリゲームが最大80%オフとなる「タイトーホリデーセール」を実施

本セールの目玉は、初セールとなる“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」と、元祖バブルシューターパズル「PUZZLE BOBBLE JOURNEY」。

他にもシューティングゲームのレイシリーズ三部作や、来年誕生40周年を迎えるスペースインベーダーシリーズなど、計11タイトルがセール対象。

年末年始の暇な時間にプレイするのにピッタリとなっているので、ぜひチェックしてみてください

・40周年には過去のゲームがSteamで発売される

1 2