コンセンサスの意味を辞書で調べると「複数の人による合意」とあります。大事なところは、複数と言うところです。合意の意味のagreementと違うのはこの点です。
複数とは、ある特定の人たちを指す場合もありますが、不特定多数を指す場合もあります。例えば「今回の税制改正は、国民のコンセンサスが得られていない」「代官山への店舗進出は経営陣全体のコンセンサスとなっています」のように使います。
しかし、「全員の同意」と「大多数の合意」を意味する場合が混在されていますので注意してください。

出典https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/13572/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あなたはいくつ使ってる? IT系がガチで使うカタカナ用語30選

慣れないと分かりづらい、慣れてしまうとそうとしか言えなくなる!ガチで使うカタカナビジネス用語を集めてみました。

このまとめを見る