シュヴァルグランは2歳時の2014年からGIII京都2歳Sで3着になるなど、重賞でも上位に入っていたが、頭角を現しはじめたのは3歳の秋だ。500万下(阪神・芝2400m)から1000万下(京都・芝2400m)、オリオンS(阪神・芝2400m)と3連勝。4歳を迎えてGII日経新春杯(京都・芝2400m)2着を経て、GII阪神大賞典(阪神・芝3000m)で重賞初制覇を果たす。

 秋にもGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を制したが、GIでは昨年の天皇賞・春(京都・芝3200m)3着、ジャパンC(東京・芝2400m)3着、今年の天皇賞・春(4月30日)が2着と、勝ち切れないレースが続いた。

出典シュヴァルグラン&ボウマン&大魔神は有馬記念もキタサンを倒せるか|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【競馬】有馬記念2017

24日に行われる中央競馬のGIレース・第62回有馬記念。レースに出走する有力馬情報とテレビ・ラジオ中継のご案内

このまとめを見る