国籍が宇宙…?15万人が登録したナゾの「宇宙国家」

ネタかな…?と思いきや、本格的な憲法まで持っている「宇宙国家」が誕生したようです。

更新日: 2017年12月22日

58 お気に入り 41641 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

初の「宇宙国家」がついに誕生…!?

ロシア人科学者が、宇宙に居住可能なステーションを作って、独立国家を建設しようと宣言。

科学者イゴール・アシュルベイリ氏が中心となり、研究者、エンジニア、弁護士、企業家からなるチームが2016年に立ち上げた

It's Monday. Is #Asgardia ready for boarding yet? mnatu.re/2mCOxuT pic.twitter.com/ArF98caMt3

2017年、憲法や国民のデータなどを載せた人工衛星を宇宙に発射し、これを「領土」として建国を宣言しました。

最初の"領土"とでもいうべき極小の人工衛星Asgardia-1

※正式に認められてはいませんし、もちろん人もまだ住んでいませんが…

「国民になりたい!」って人が殺到してるw

アスガルディア国民への登録は、18歳以上であれば氏名とメールアドレス、国籍の入力だけで完了する

スマホ1つでOKっていう手軽さ。。

今日から宇宙国家アスガルディアの国民になった

日本でもチラホラ。

今のところは正式な国家じゃないけど…

国歌を投票で決めたり(現在も投票中)
https://asgardia.space/en/contest/anthem/

国を代表する「議員」を選出中だったり。

「議会は、他の言語代表者の配分を考慮し、アスガルディアの12の公用語の割合に合わせた上で言語に基づいて全国均等直接選挙から選出された150人のメンバーからなる」

目指すは「正真正銘」の宇宙国家

「国家としての要件を満たせるかは現状ハードルが高いですし、農業や漁業ができるかという問題や、地球からの物資は『輸入』になるのか」

Vesmírne kráľovstvo Asgardia vypustilo do vesmíru svoj prvý satelit dlvr.it/Q1c0pQ pic.twitter.com/9To41zZfIi

将来的にはこんな姿を目指しているとか。これはカッコいい…!

8年以内にはアスガルディアに向けた初の有人飛行を実現できると見込んでいる

1