1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

竹内涼真だけじゃない!『ひよっこ』出演者たちが2018年も活躍しそうな件

「紅白歌合戦」出場の桑田佳祐が主題歌を歌った朝ドラ「ひよっこ」。竹内涼真がブレイクした他、有村架純は2年連続「紅白」司会&「かぞくいろ」主演、佐久間由衣「越谷サイコー」主演、井之脇海「デッドフレイ~青い殺意~」初主演、竜星涼「アンナチュラル」出演、やついいちろう「FINAL CUT」出演。

更新日: 2018年01月20日

6 お気に入り 31943 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『紅白』出場が決まった桑田佳祐 朝ドラの主題歌を歌うことに

NHK『SONGSスペシャル』(2017)

桑田と『ひよっこ』乙女寮のメンバーたち

桑田佳祐(61)が大みそかの「NHK紅白歌合戦」に、企画枠で特別出演することが21日、分かった。

歌唱曲は今年の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」。当日は午後9時半から横浜アリーナで自身の年越し公演を開催するため、中継での出演となる。

8月24日放送の「SONGSスペシャル」では、桑田が有村、佐久間由衣(22)ら乙女寮のメンバーと肩を組んで「若い広場」を合唱するシーンが話題を呼んだが、複数の関係者によると、紅白でも朝ドラ出演者が勢ぞろいした豪華な内容になる。

◆ロスを招くほど愛された朝ドラ『ひよっこ』

「ひよっこ」は、全156回の平均視聴率が関東地区で20・4%(関西20・3%)の高視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ)。

開始当初こそ奮わなかったものの、フタを開けてみれば前作『べっぴんさん』を0.1%上回る大健闘を見せ、最終回の後は全国で“『ひよっこ』ロス”を語る人が続出した。

「ひよっこ」の主人公は、奥茨城の農家に生まれたのんびり屋の谷田部みね子(有村)。茨城から集団就職で上京した「金の卵」の女の子が職場や住んでいるアパートの人たちと触れ合いながら成長していくさまが描かれていた。

◆『ひよっこ』からの一番のブレイクは竹内涼真だったが

『ひよっこ』

竹内涼真と有村架純

ORICON NEWSでは『2017年ブレイク俳優ランキング』を発表。首位に輝いたのは、人気ドラマに次々と出演して、瑞々しい演技を残した【竹内涼真】だった。

『ひよっこ』、『過保護のカホコ』のダブル出演で一気にブレイク俳優となった竹内涼真(24)。『ひよっこ』で演じたのは、ヒロイン・みね子(有村架純)と恋仲になる好青年・島谷純一郎役。出演がなくなると「島谷ロス」なる新語も生まれた。

◆他の出演者たちの活躍も目覚ましい

▼『紅白』司会に再び抜擢された有村架純 来年の主演映画も決定

有村がNHKの朝ドラ『ひよっこ』で演じた純情な田舎娘・みね子とは180度違う表情を見せ、2人の人気俳優を相手にリアリティーあるベッドシーンを熱演。

『ナラタージュ』(2017)

有村架純が、韓国・釜山で開催中の『第22回釜山国際映画祭』レッドカーペットとオープニングセレモニーに出席。有村はアジアで活躍するスターを表彰する「Marie Claire Asia Star Awards」の「Asia Star Award」も受賞。

2017年

女優の有村架純(24)が、映画『かぞくいろ』(吉田康弘監督 2018年公開)に主演し、自身初のシングルマザーを演じる。

・『ひよっこ』では“普通の女の子”のヒロインを半年間演じ切った

岡田惠和は細心の注意を払って、みね子をどこにでもいる普通の優しい女の子として描こうとしている。普通の若い女の子であるみね子に、余計な理想を背負わせてヒロイン様にしないこと。それ自体が『ひよっこ』の尊さだろう。朝ドラヒロインの一つの到達点である。

有村架純 いいなぁ♪有村架純が 手も脚もびっしりパンパンに肉が詰まってる17才の普通の田舎の女の子でそこに居る感じがいい!初めて 大人の時間の大人のやりとりに加えてもらえた嬉しさ 照れくささ 誇らしさ。あぁ 体感で思い出す17才のこの感じ。有村架純 いいなぁ♪ #ひよっこ

1 2 3