1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
10 お気に入り 25747 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼変わったパフォーマンスで人気を集めるゴールデンボンバーの

鬼龍院によると性格がとびきりポップで、彼が参加したことによりバンドの雰囲気が明るくなったと述べている。

あの白塗りのきっかけは何だったの!?

今ではトレードマークとなっている白塗りメイクは、事務所社長の「インパクトのある奴が一人ほしい」という意向がきっかけ。

本人は葛藤があったようで「白塗りよりも“普通にかっこつけたい”って言っていたんですけど、社長が“いや白い奴いた方がインパクトあるから”って、やらされていたんですよ」と回顧。

「(当時は)やらされていたんです。今はもう全然あれでいいとなっているんですけど」と鬼龍院。

「あの人(樽美酒)道歩いていても分からへんやんな」と聞かれた鬼龍院は「バレないんですよ~。最初にああやっといたのって正解だったなぁって」と羨望。

テレビで、金爆 鬼龍院翔さん。 「樽美酒研二さんの白塗りは、本人希望ではなく事務所社長の声」と。 発想はあっても、実際、できるってすごい!! 南海キャンディーズ、メイプル超合金なども「見た目→実力」。 「実力があるからこそ、見た目インパクト」=「マーケの基本」 #マーケ道

▼インスタの女王として君臨する

断トツの日本トップインスタ グラマーとして君臨する「インスタ女王」渡辺直美。

2017年7月期のドラマ『カンナさーん!』(TBS系)で主演を務めた。

幼少期は台湾と日本を行き来していた

台湾人の母親を持つハーフなんです。日本語がほとんどできない母親のもとで 台湾と日本を行き来しながら育った。

「なんだか知らないけど、この人超、面白い」と言葉や人物が分からなくても共感を得ることができる体験が、自身のビヨンセのものまねにつながっている。

「モノマネであって実は別人の姿を見せる」パフォーマンス。そのコロッケから受けたモノマネの極意を、渡辺直美さんはビヨンセのモノマネで見事完成。

渡辺は、18歳で吉本興業が創立した養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」のオーディションでビヨンセを披露し手応えをつかんだ。

審査員がすごく厳しい人で、どんな芸を見せてもちっとも笑わないことで有名な人だった。

渡辺直美のビヨンセの口パク。定期的に見てまう(笑)最後コロッケが乗り移ってるところ毎回涙出るくらい笑ってまうわ。

直美のビヨンセ久しぶりに見たけど、尊敬してるののわかってるから良いけど、急に走ったり、マイク適当に持ったり、動きがコロッケなんだよな(笑)

▼NHKのうたのお兄さんとして異例の人気を集めた

1 2