大学生には◯◯円…最近の「お年玉の相場」に微妙な変化?

「いくらあげればいいの?」「あの子には今年もあげたほうがいいの…?」など、世間的にはどうなってるのが調べました。

更新日: 2017年12月26日

41 お気に入り 280356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

毎年悩み始めるこの季節

小学生が千円、中学生は3千円、高校生は5千円が最も多かった

西日本新聞調べ。

大学生になると「10000円台」が58.5%と多いですね。ただし「11000円以上」は回答率が大きく下がるので、お年玉の上限は「10000円台」

at home VOX調べ。

早くて2歳程度~という家庭が多いようですが、小学校に入る前の子供たちのお年玉の相場は『1000円~2000円』が一番多い

未就学の子どもに対してはお年玉をあげても自分で管理できないため、おもちゃやお菓子などで代替しているというところも割と多い

なかには、年齢にあった試算方法も

「学年×千円なので、小学生までは6千円で、中学生からは千円ずつ値上がりして、高校生で1万円です」

ただ、相場は毎年変わってて…

今年の孫(小学生を想定)へのお年玉の平均額は、前年比200円増の8100円となった。同行では、「日経平均株価の上昇が影響したのではないか」と分析

あおぞら銀行「シニアのリアル調査」より。

地域別の平均額は関東8,200円、関西7,600円で、2014年の調査開始以降初めて関東が関西を上回った

【ちなみに】お年玉にもマナーが

どうしても何か差し上げたい場合には「玩具料」「文具料」などの名目で渡しますが、子供は大喜びでも、上司の家族に部下が金品を渡すのは失礼だととる方も

お祝いするという意味を避けて、「お年玉」ではなく「お小遣い」として無地のぽち袋に入れてあげるといいでしょう

社会人になってはじめての帰省をするのだけどもしかして親戚のこどもたちにお年玉をくばらなきゃいけないのでは????

今年からお年玉を「配る側」になった人はぜひ参考に!

1