1. まとめトップ

毎朝辛い…という人必見! 寒い日に布団から出る方法まとめ

冬なので布団が暖かくて気持ち良いですが、お仕事 学校など遅刻したらいけないような方のために寒い日ちゃんと起きれる方法をまとめてみました。

更新日: 2017年12月26日

2 お気に入り 3536 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な記事から信頼できるものを参考にして作りました。

daiya424さん

起きなきゃ…でも布団が気持ちよくて起きられない

寒い日の朝は布団がぬくぬくで気持ちいい…
みなさん一度は思ったことがあるでしょう

@pso2_b_gull それはよかったです♪ 冬場の布団って気持ちいいから、朝とか起きるの辛い…(´×ω×`)

布団に入ると動けなくなる。金縛りにあった感じ、気持ちいい感じ。 #鬱 #日記

1.布団から出ても温かいようにしておく

起きる30分前などに、温度を設定して暖房器具を稼働させるタイマーを設定しておくと便利。起床時には部屋が温まり、体が受ける寒さからのショックも和らぎます。

枕元に羽織るものを置いておき(地震対策にもいいですね)、目覚めたら布団の中でかまわないのですぐに着てしまいます。

2.光を浴びてしっかり脳を起こさせる

人は朝日を浴びることによって、目覚めや入眠に重要な役割を果たす「セロトニン」というホルモンを分泌させます。

外がまだ薄暗いこの時期の朝は、人工的に光を作って脳を覚醒させるのも効果的。

3.飲み物やスープで体の中から温まる

胃腸は自律神経のバランスを整えるためにも重要な器官であるため、ここをまず温めてあげることで、スッキリと1日をスタートさせることができます。

お茶がオススメ

お茶に含まれる適度なカフェインの覚醒作用が、眠気を覚まし頭もスッキリとしてきます。

お茶(緑茶)には、カフェインの他にカテキン(緑茶ポリフェノール)、ビタミンCなどの健康成分が含まれています。

カテキンは、活性酸素を減らす抗酸化作用や、アレルギー抑制、脂肪の燃焼、免疫力を高める働きなども期待できるといわれているポリフェノールです。

4.体を軽く動かす

いきなり朝体を動かすとなるときついと思うのでヨガなどで体を温めましょう!

朝起きて、末端まで血液を送って冷えを緩和させるために、布団のなかでできる簡単なストレッチをしてみるのも効果的。うつ伏せになり、バタ足のようにただ足をバタバタ動かすだけでもOK。

朝できるヨガ

5.目覚ましスマホアプリ

起きたい時刻の周辺で眠りの浅いタイミングを検出しアラームを鳴らすスマートアラームアプリを使用する

1 2