1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kapati8さん

■iPhone Xの「ブラッシュゴールド」が発売?

iPhone X発表前は「ブラッシュゴールド」なる新色が噂されていましたが、iPhone Xの生産難が原因だったのか、結局正式に発表されることはありませんでした

台湾の経済日報が伝えたところによると、2018年第1四半期(1〜3月)にAppleは「ブラッシュゴールド」のiPhone Xをリリースする用意があるそうです。

中国の經濟日報によると、「2018年の2月頃にiPhone Xにブラッシュゴールドカラーが登場するかも」というのです

■最近では「翌日配達」が可能に?

「iPhone X」は発売当初から入荷待ちの状態で、購入者は実際に手にするまで数週間待たされた。

AppleのiPhone Xの出荷待ち時間がさらに改善され、オンラインストアでは翌日配達が可能になり、店頭での即日受取りもできるようになりました。

ただし、(いつものことだが)注意点もある。翌日配送は在庫が続く限りとなるため、例えば256Gバイトモデルが売り切れた場合、再び入荷待ちに戻る可能性がある。

■最近になってAppleが"あの騒動"にコメント

RedditユーザーTeckFireは、iPhone 6 Plusについてバッテリー交換後のiPhone 6 Plusのほうが処理性能が大幅に向上することを発見。

RadditユーザーやGeekBenchによる報告を経て、アップルは(バッテリーが劣化した)古いiPhoneを意図的に遅い状態で動作させていることを認めました。

Geekbenchの調査によると「『iOS 10.2.1』から意図的に性能を下げているであろうスコア(iPhoneのピーク性能を示す数値)の分布を確認でき、『iOS 11.2.0』からは『iPhone 7』でも同様の分布を確認できる」ことが分かった

■速度低下を感じているユーザーはやっぱりいるみたい。

iPhone、アプデしてから動作えげつないほど遅いんだけどカスかよ

■でも、なんで性能を下げてしまったのか…

業界の専門家やユーザーからは、iPhoneの古い機種でOSをアップデートしたところ、動作が極端に遅くなったという不満の声が相次いでいた。

新しい機種に買い替えさせることを狙ったアップルの戦術ではないかとの臆測も飛び交った。

Appleが米国時間12月20日、「iPhone」の比較的古い一部の機種で性能を意図的に抑える場合があることを認めた。

1 2