1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本の「人口減少問題」がかなり深刻な状況になっていた

厚生労働省が発表した人口動態統計の年間推計データより、日本の人口減少問題と少子化の深刻さが浮き彫りとなりました。

更新日: 2017年12月23日

26 お気に入り 89564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■厚生労働省が人口に関する統計データを公表

厚生労働省は2017年12月22日、2017年(平成29年)人口動態統計の年間推計を発表

人口動態統計は、日本の人口動態事象を把握し、人口および厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的に実施、作成される統計調査

調査年の12月には、日本における日本人の人口動態統計の年間推計を公表している

■2017年は赤ちゃんの出生数が過去最低だった

減少傾向にある出生数は、2016年に続き、2年連続で100万人を割った

今年生まれの赤ちゃんの数は、94万1,000人と統計を取り始めた1899年以降、最も少なくなる見通しとなりました

■なぜこのような状況になってしまったのか…

出産適齢期の女性が少ない?

データによると、婚姻数の数値も60万7000組と、昨年の62万531組を1万4000組も下回る結果

少子化には全く歯止めが掛かっていないどころか極めて危険なスピードで進んでいることが明確に見て取れます

仕事に生きがいを感じる女性が増えた?

仕事にやりがいを感じていたり、やりたい仕事ができていたりすると、「結婚」や「出産」が遠のいてしまうと感じる女性は少なくない

生きがいを感じられるような仕事があって、どうしても仕事を妊娠や出産、子育てで中断したくないという場合には、子どもがいないことで仕事を続けやすくなる

出産後の保育に不安?

■また、一方で亡くなる方も増加の傾向に

死亡数は戦後最多の134万4千人(前年比約3万6千人増)

1 2