1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

事実に基づいて作成しています。

surf-leaderさん

昨今はドーピングするボクサーが後を絶たない。

しかしWBC側ではお咎めなしという大甘判定。
粟生対ベルトランではベルトランに出場停止処分を下し試合も無効試合になったのにこの差は一体・・・

今月15日にプロボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(34)=帝拳=から王座を奪い、同級新王者となったルイス・ネリ(22)=メキシコ=がドーピング検査に陽性反応を示していたことが明らかになった。WBCが23日(日本時間24日)、公式サイトで発表した。WBCは引き続き検査を進める姿勢。再検査の結果次第では、無効試合やネリが王座を剥奪される可能性も出てきた。

13度防衛の日本記録を狙った山中の王座陥落から1週間あまり。事態は思わぬ展開を見せた。新王者ネリにドーピングの疑いが持ち上がった。WBCの依頼によりVADA(ボランティア・アンチ・ドーピング協会)が山中戦前の7月27日に実施した検査で、禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示した。

 ジルパテロール

ジルパテロールは筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つとされ、牛などの家畜に使用した場合は体格を大きくする効果があるとされる。海外の報道によると、WBCのマウリシオ・スライマン会長は「メキシコでは(摂取の)ケースがよくある。米国で飼育された牛が、この物質が入った餌を食べたのかもしれない。米国の国境に近いティフアナ(メキシコ)に住むネリがその肉を食べた可能性もある」などと語った。

海外選手は薬物検査で陽性反応が出るケースが少なくない。その後の処遇は様々。WBCは今後、B検体や試合後に採取した検体の検査結果、ネリへの聴聞などを通して判断を下す。

 仮にネリの王座が剥奪されて無効試合となれば、山中の腰にWBCベルトが戻る可能性が出てくる。無効試合の場合、山中の戦績から初黒星が消え、12度の防衛記録も継続される。山中が現役続行を決断すれば、次戦は13度目の防衛戦となり、再び日本記録を狙える。

 無効試合でも、王座が空位になる可能性もある。世界ランク1位だったネリに一定期間の出場停止処分が科された場合、山中は「前王者」として同2位のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)ら上位ランカーとの王座決定戦でベルト奪還に挑むことになる。ただし、防衛記録は再びゼロからのスタートとなる。

他にもドーピングに引っかかった選手はたくさんいる

粟生との対戦後にドーピングで陽性反応が出た。

2015年6月27日、カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートのティモシー・ブラッドリー対ジェシー・バルガスの前座で、ジェシー・バルガスが返上する予定のWBA世界スーパーライト級王座決定戦でウンベルト・ソトと対戦予定だったが[7]、上述の粟生戦後にネバダ州アスレチック・コミッションが実施した薬物検査でベルトランから違反薬物のスタノゾロールに対する陽性反応が出た為、ソトとの対戦は無くなった[8][9]。

2015年8月13日、ネバダ州アスレチック・コミッションの聴聞会が開かれ、粟生隆寛戦のドーピング違反についてベルトランにファイトマネーの30%にあたる罰金25,500ドルと9ヵ月間の出場停止処分が科せられ、試合結果も無効試合に変更された[10][11]。

空前絶後のお騒がせボクサー、フューリーさんもドーピングにひっかかってました。

2016年6月26日、タブロイド紙のミラーが、フューリーと従兄弟のヒューイ・フューリーが2015年2月から3月の間に採取された尿サンプルから禁止薬物のナンドロロンの陽性反応が検出され、ドーピング違反が発覚したと報じるが、フューリーのプロモーターであるヘネシー・スポーツは「サンデー・ミラー紙の報道に困惑している」と声明を発表し、疑惑を完全否定した[79][80]。

2016年8月3日、イギリスアンチ・ドーピング機関(UKAD)はフューリーのドーピング違反に関して全ての裁定が下されるまでコメント出来ないとしていたが、フューリーがUKADを裁判所に訴えたことで[81]、この日UKADは、タイソン・フューリーとヒューイ・フューリーには禁止物質の陽性反応が検出されたドーピング違反の嫌疑が2016年6月24日からかかっており、聴聞会で2人の主張を聞きアンチ・ドーピング規律パネルによる正式な裁定が下されるまで出場停止の仮処分が科せられることになっていたが、選手は仮処分に不服申し立てが出来るというイギリスアンチ・ドーピング規則に則り、8月3日付けで2人の出場停止の仮処分を一時的に停止したと、初めての声明を発表した。

キ〇ガイボクサーのシャノンさんも見事に引っかかっていました。

2017年5月23日、同年6月3日にセミノール・ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ハリウッドでWBA世界ヘビー級5位のフェリス・オケンドとの間でWBA世界ヘビー級王座決定戦を行う予定だったが[19]、同月14日にVADAが行った薬物検査でブリッグスの尿検体から規定値を超えた高濃度(7.89対1)のテストステロンが検出されたため、試合は中止となった[20][21]。

2017年6月17日、WBAは最新ランキングを発表し、ブリッグスをWBA世界ヘビー級3位にランクインした[22]。

2017年7月21日、WBAはシャノン・ブリッグスに対し、テストステロンが検出された同年5月14日を起点に同年11月13日までの出場停止6ヵ月の処分を下した[23][24]。

井上7回目の防衛戦の相手、ヨハン・ボワイヨとは

戦績は41勝26KO4敗でKO負けがなく、現在30連勝中の強豪
身長が171cmとスーパーフライ級では高く、井上の対戦相手としては最も大柄な選手になる。
オーソドックススタイルで打ち下ろしの右は威力抜群!

世界各国の選手とバンタム~スーパーライト級と幅広く試合をしていて経験は豊富

見る感じフットワークが軽くカウンターも巧い。
なかなかいい選手ではないだろうか。

負けはしたものの、判定までもつれ込む熱戦であった。

カール・フランプトン(Carl Frampton、男性、1987年2月21日 - )は、イギリスのプロボクサー。ベルファスト出身。元WBA・IBF世界スーパーバンタム級スーパー王者。元WBA世界フェザー級スーパー王者。北アイルランドのボクサーで初めての世界2階級制覇王者。アウトボクシングを器用にこなし、右のカウンターフックで倒すことも出来る選手。愛称はThe Jackal(ジャッカル)とBrick Fists(煉瓦の拳)。フランク・ウォーレンのクィーンズ・ベリープロモーションズ所属。

勝ち試合を一度ドーピングで無効試合にされていた。

その後はアルゼンチン等の各国でキャリアを積むことになった。

Yoann devient une seconde fois champion de France des poids coqs en 2013 après sa victoire face à Karim Guerfi (en)3. Le combat sera finalement jugé sans décision après un contrôle anti dopage positif4. En juin 2013, alors âgé de 25 ans, il décide de partir vivre à Buenos Aires, en Argentine pour se consacrer pleinement à sa carrière de boxe5. Il réalisa alors plus d'une vingtaine de combats entre l'Argentine, le Brésil, la Slovaquie ainsi que la Serbie.

井上はボワイヨに勝てるか?

階級屈指のパンチ力にフットワーク・コンビネーション・カウンター・ディフェンスを揃えた井上に穴はありません。
余りの強さに普段は3階級上のフェザー級の選手と試合をしているくらいなので(笑)

フライ級世界チャンピオンの比嘉選手が手も足も出ない状態です。
セルバニア選手はフェザー級の世界ランカーですが井上は互角以上の勝負をしています。

ボワイヨの次戦がもしネリだったら井上尚弥はヤク中と二連戦ってことかw 大変だな… ドーピングしてても井上に吹っ飛ばされそうだけど…

そう、ボワイヨのキャリアに薬物陽性による無効試合が刻まれていることを誰も指摘しないこと、すごく不思議に思ってる。 年末に日本にやってきて井上尚弥と対戦する相手なのに、そこを一切取沙汰しないのはなんで?どうして? 報道はネリのドーピング違反で持ち切り。変じゃない?

減量がかなりキツイらしいから、階級上げるのは必然と。良かったです。「SuperFly2」への参戦にこだわり過ぎるのは良くないのでは…と思ってましたし。Sフライ級での実力は示したわけだし。 【井上尚弥 12・30ボワイヨ戦でSフラ… twitter.com/i/web/status/9…

1 2