1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宮原笑顔、真凛失望…平昌五輪代表の座を巡る女子フィギュアに明暗

平昌五輪(ピョンチャン オリンピック)のフィギュアスケート女子の代表枠を巡って行われた全日本選手権で、宮原知子が4連覇を達成!残りの1枠を巡って坂本花織と樋口新葉のどちらが選ばれるのか混沌としてきました。

更新日: 2017年12月23日

10 お気に入り 74873 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

フィギュアスケート女子の平昌五輪の代表争いが激化しています。

nyokikeさん

▼フィギュアスケート全日本選手権で宮原知子が4連覇を果たした!

平昌五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権第3日は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で2位の宮原知子(19=関大)はフリー147.16点をマークし、合計220.39点で逆転での4連覇を成し遂げ、初の五輪代表切符を手にした。

SPではジャンプの回転不足が響き僅差の2位。この日のフリーは圧巻のノーミス演技で観客を魅了した。演技終了後には感極まった表情。そしてすぐに笑顔に変わった。

演技を終えた宮原は「今まで1番うれしい優勝です。ここまで頑張ってきたので、ここでやらずにはいられないと思って、しっかり絶対やると思って、強い気持ちで臨んで実現できてうれしい。」

「(浜田コーチは涙を見せていたが)お互いに涙してしまって、今もよく覚えてないが、よく頑張ったといっていただいた。助けてくれた恩返しができたかなと思う。目標としていた舞台なので ワクワクしている。プレッシャーがあると思うが、せっかくの舞台を楽しく滑りたい」と振り返った。

2月に左股関節の疲労骨折と診断され、復帰したNHK杯は約11か月ぶりの実戦だった。GPファイナル出場などの実績から、2位以上に入れば初の五輪切符は確実だ。

▼女王が死守した代表の座…Twitterでは賞賛の声があがった

宮原さん全日本優勝、そして初の五輪出場おめでとうございます。 今大会6分練習観ててもまだ本調子ではなさそうに感じた。慎重に慎重に調整してるようだった。それでもここ一番で見事にSP、FSを揃えてみせた。これが世界に誇るミスパーフェクトの底力なのかと。。本当にとてつもない選手です。

泣いてます すばらしかった すばらしかった宮原さん最高だった

今日美容院行ったんですけど、担当の美容師さんがフィギュアファンなので全日本の話題になったんですが、「宮原さんにはオリンピックへ行って欲しい!」と。みんながそう思ってたような気がする。知子ちゃん、本当に本当におめでとう㊗️

宮原さんの演技構成点で稼ぎまくってジャンプを無難に纏めるスタイルをどう思うのかは人それぞれだけど、長所を演技や曲との兼ね合いで活かすのがスケーター共通の課題だと思えば、文句なしで頭一つ抜けている。

▼一方、五輪代表へ優勝が絶対条件だった本田真凛は7位に終わった

今季の成績などから、平昌五輪出場権を得るには優勝が条件とみられていた真凜は、前半は着実にジャンプを着氷させたが、後半の得点源、3回転ルッツからの3連続ジャンプの1本目が2回転になってしまった。最後の3回転ループも2回転ループになってしまい、完璧な演技とはならなかった。

本田は演技後、「自分が目指していた演技ができなかったので、すごく悔しい。私の夢は五輪なので、その夢をかなえるまでは精いっぱい、また頑張り直したい」と声を詰まらせた。

演技後は悔しさをかみ殺しながら笑顔をつくったが、得点が発表される前からキスアンドクライでは涙ぐんでいた。

▼本田真凛の代表入りはかなり厳しいものになったが、応援の声があがっています

本田真凛選手は本当に華やかでジャンプの後の伸びや軽やかさなどなど本当に美しかったです!! #全日本選手権

本田真凛ちゃん滑り終わった表情からみて悔しくて泣いてた。 でも本当に素晴らしい演技で俺的には満点でした‼️ #フィギュアスケート #最終決戦 #オリンピック #最終選考会 #本田真凛 #スケート

8割の人は、本田真凛ちゃんがオリンピック行くと良いと思ってるとこない?

▼これで女子の代表枠は残り「1」に

五輪出場2枠のうち1枠は全日本選手権優勝者が内定。残る1枠は(1)全日本選手権2位・3位、(2)過去3年の成績による世界ランク上位3人、(3)今季の世界ランク上位3人、(4)今季のISUベストスコア上位3人、(5)GPファイナル出場の5つを満たす選手のうち、総合的に判断して選考される。

グランプリファイナルにも出場している樋口は全日本選手権以外の条件(2)から(5)までの4項目を満たしている。坂本は(1)、(3)、(4)の3項目を満たしている。

1 2