1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人気Youtuberも犠牲に。メキシコの「現状」が悲惨すぎる…

社会を根本から変える以外、解決策はないのかもしれませんね。

更新日: 2017年12月25日

21 お気に入り 260071 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今回の事件と、麻薬カルテルとの「戦争」が続くメキシコの現状について、各報道内容をまとめました。

manuronaldさん

■メキシコで人気ユーチューバーが殺害される事件が発生

酒に酔って悪ふざけをしたりする動画が評判となり、Facebookに100万以上、Instagramには30万以上のフォロワーがいる有名人。

18日夜、ハリスコ州のバーで友人とパーティーに興じていたところ、武装集団が突入。

■事件のきっかけになったとみられているのが”1本の動画”

酔った状態で麻薬組織「ハリスコ新世代カルテル(CJNG)」のボス、ネメシオ・オセゲラ容疑者を下品な言葉で罵る動画を投稿。

「俺の下半身を吸え」など

その数時間後に殺害されたことから、当局は容疑者や動機を特定できていないものの、この動画が事件のきっかけになったとみている。

■ブロガーやジャーナリストも犠牲に…メキシコの悲惨な状況

警察や行政も支配した麻薬組織(カルテル)

民間人も巻き込む組織同士の抗争は激化し、拷問、暴行の末に首を切り落として街中にさらすなど、殺戮行為は残虐を極めた。

「麻薬戦争」の始まり

2006年12月にフェリペ・カルデロンが大統領に就任すると、麻薬密売組織に対する強硬な一掃政策を開始。

政府は警察や軍隊を総動員も、機関銃、対空ミサイル、装甲車や半潜水艇まで所有する組織もあり、両者の争いは激化。

多くの犠牲者を出し、麻薬カルテルは徐々に衰退

一方で成果も大きく、多くの構成員や幹部が逮捕・射殺され、7つあった主なカルテルは統合や分裂、衰退などの淘汰が進んだ。

■現在は2大勢力に集約

そのうちの1つが「ハリスコ新世代カルテル(CJNG)」

同じく現2大勢力であり、国内最大の組織「シナロア・カルテル」から2010年に分岐。

簡易工房で自前のアサルトライフルを生産したり、世界各地の暴力組織と協力関係を強化したりするほど急成長。

1 2